家電/AV機器情報です。お役立て下さい!


家電/AV機器

2008年01月09日

さようならNTTドコモ、こんにちはウィルコム(PHSサービスの終了)

PHS事業が日本で始まってから既に10数年経ちました。
サービスが始まった当初は携帯電話もまだまだ今のように便利ではなかったので、私はPHSの方を選びました。
最初はアステルのPHS(運営会社が何度も変わり、現在ではソフトバンク系?)でしたが、通話エリアがなかなか延びず、2年程でNTT系列のパルディオに乗り換えました。
その後はずっとNTTのPHSを利用してきました。途中、パルディオがNTTドコモに吸収される形になりましたがそのまま利用し続けてきました。
実際、使用方法はどこかに出掛けた時の連絡用としてでしたし、都市部であればある程度の受信感度がありましたので私としてはそれほど不便は感じませんでした。
(正直、周りのものからは圏外である事が多く連絡が取れないとの不満がいっぱいだったようですが)
ただ、NTTは携帯電話にのみ力を注いでいた為、PHS電話機本体の機能は殆ど向上する事がありませんでした。
最終的にNTTとしてはPHSはあくまでノートパソコンのデータ通信向けとしてしか見ていなかったように感じます。

そして2008年1月7日をもってNTTはPHSサービスを終了してしまいました。

終了に当たって携帯電話への移行も考えたのですが、PHSの番号は携帯電話に移行出来ない点がネックでした。
長年PHSを使用しているため、昔の知り合いからひょっこりPHSに電話が掛かってくる事もあり、簡単に携帯電話に乗り換える決心がつかなかったのです。

そうこうしているうちに、サービス終了のタイムリミットが近づいてきました。
それと同時にNTTから次のようなお知らせが来たのです。

『ウィルコムのPHSへ移行するのであれば、現在使用している番号をそのまま引き継ぐ事が出来ます』

送られてきた資料を見たところ、NTTのPHSと比較すると限りなく携帯電話に近いサービスが受けられるらしいと言う事で、通話エリアの不安はあったもののウィルコムへの移行で検討に入りました。
さらに地元の駅前にウィルコム直営のショップがオープンした事を知り、サポート面での不便さがなくなった事も相まってウィルコムへの移行を決定しました。

12月中旬にはウィルコムから京セラ製のWX320Kという機種が送られてきました。
ですが、サービス切り替え日が2008年1月8日以降と言う事で、使用することは出来ませんでした。
(初期設定時に通信する必要があり、結果的に1/8以降でないと何も出来なかったのです。)

そして迎えた2008年1月8日。深夜の時点でNTTドコモのPHS(シャープ製)は『ただ今使用できません』の表示になりました。
NTTドコモのPHS

 

 

 

いよいよウィルコムへの引継ぎです。(ウィルコムのPHSは午前中には初期設定の通信が使用可能になっていました。)

長年使い続けたNTTのPHSのあっけない最後にちょっと物悲しくなりました。
また振り返ってみると、アステルの時代から端末はずーっとシャープ製だったことを思い出し端末の製造メーカーが変わる事にも寂しさを感じました。

ですが、もうそんな事は行っていられません。

NTTとウィルコムのPHS比較

 

 

 


初期設定をし、電話を掛けられる状態にはしましたが、電話番号やメールアドレスなどの情報は全て手入力し直さなければならないという現実が待っています。
製造メーカーが違う為、端末の操作性も全く異なり、思うように使いこなせません。

今しばらくご迷惑をお掛けする事が多いかと思いますが、私のPHSの番号をご存知の皆さんは長い目で見てやって下さいますようお願い致します。
(工場や自宅に電話をいただくのが確実かと思います)

自己都合では無い今回のサービス会社変更、NTTの顧客サポートの無さ(冷たさ)を実感した事件でした。



2006年07月15日

DVDプレーヤーにビデオカメラ?(最近の出産準備品事情)

まずはこちらの写真から。

DVDプレーヤー

 

 

 


画面サイズ7インチのポータブルDVDプレーヤーです。

ソフマップへ行った時に安く売られていたので買ってしまいました。
さすがに安いのでTVチューナーは内蔵されていませんでしたが、バッテリーにACアダプタ、車のシガレットライターから電源を取るケーブルまで揃っていました。

ビデオカメラ






そしてこちらの写真はデジタルビデオカメラです。
たまたま立ち寄ったK's電気(ケーズでんき)さんで目にとまりました。
ハイビジョン画質で撮影出来るとのことで、『エイヤッ』と奮発して購入しました。

どちらの購入理由も同じ。<出産の為>です。

DVDプレーヤーは入院時のリラックスの為。これ1台で映画も見られますし、CDを聴くことも出来ます。
DVDプレーヤー使用時

 

 

 

 

 


何より、液晶モニターが付いていますので、テレビが無いベッドの上でも他の場所でも、好きな所で見られるのが素晴しい。

『何なら分娩室に持っていく?長時間だから気分転換になるかも』なんてことが言えてしまうのもモニター付ならでは、です。

そして、デジタルビデオカメラ。
ビデオカメラ2

 

 

 

これも子供が生まれると必ず通らねばならない道のようです。
昔であれば銀塩カメラでの撮影だけしかなかったのでそれでも良かったのですが(いやいや、8mmフィルムがあったっけ)、今の時代はビデオカメラが当たり前になって来ています。
うちにはビデオカメラが無かった為、買いに行く事になりました。
最初は旧モデルの小さくて安いタイプにしようと考えていたのですが、ちょうど、普通のデジタルビデオカメラとソニーのハイビジョン画質のデジタルビデオカメラの比較展示をやっているところにでくわし、画質のあまりの違いに、価格は予定よりもかなり高いのですが、ソニーのハイビジョン画質のビデオカメラの方を買ってしまいました。

両者の画質を比べると一目瞭然。
例えるなら、3倍速で数回重ね撮りしたビデオテープの画質と、ハイグレードテープで標準モードで撮影した位の差が出ていました。
画像の鮮明さが全く違います。小さな画面で見るなら良いのですが、将来的に大画面テレビで見ることを考えると、普通のタイプでは辛すぎると感じました。
『どうしてこんなに汚いの?』と将来、子供に文句を言われそうな気がしてしまいました。

でも、ハイビジョン画質ゆえの不便な点もたくさんありました。
基本的にソニーしか発売していないので、対応機種が少ないのです。
ですから、他社の機械でダビングすると画質が一気に悪くなってしまいます。ですが、ソニー製の対応機種はかなりお高いもののようですぐには手が出ません。

『他社でも販売するようになるまでは、DVDやハードディスクにダビングせず、ミニDVテープで保管しておくのが最良です』とお店の人も言っておられました。

高い商品でしたが、お店の人も身重の妻を引き連れての来店と赤ちゃんの撮影という購入動機に配慮し、色々サービスしてくれて、割合お得に購入する事が出来ました。
本当は、同じフロアにあったべビザラスに行くのがメインの用事だったので、ちょっとラッキーでした。

モニター画面はこんな感じでも、これからが大変です。慣れないビデオカメラな上、基本的に私自身が撮影センスに欠けるようですので、生まれてくる赤ちゃんを上手に記録する事が出来るか?
失敗したら一生言われそうですので・・・これがお父さんの最初の大仕事になりそうです。

後数日で生まれそうだし、ワンコで撮影練習して大丈夫かな?



月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。