関西情報情報です。お役立て下さい!


関西情報

2008年04月05日

おおきに これぞ和スヌーピー 西川のショールームのスヌーピー

昨日は夕方から用事で大阪の堺筋本町にある大阪市産業創造館(サンソウカン)に行きました。

その帰り、大阪西川のショールームの前を通りました。
この周辺は船場(せんば)と呼ばれ、大阪では古くから繊維関係の街として知られている場所なのです。

このショールームでは、西川がライセンス契約しているミッフィーやスヌーピーのキャラクターをあしらった商品が綺麗に展示されています。

そんな中、特に目を引いたのはこれ。

大阪西川の前掛けを付けたスヌーピーの大きなぬいぐるみ

 

 

 

 

 

 

大きなスヌーピーのぬいぐるみなのですが、“西川”の前掛けをつけています。

日本、浪速の商売人という感じが出ていてグッド。和テイストたっぷりです。

大阪西川のショールームにあるスヌーピーの商品類

 

 

 


今年の流れでしょうか?現在のスヌーピーだけではなく、今とはだいぶ違う初期デザインのスヌーピーでも商品化するようです。

新旧それぞれのスヌーピー、どちらの方が人気となりますことやら。



2008年03月24日

秘密基地?大阪市西消防署が今日から稼動します(大阪市西消防署の建物建築状況 最終報告)

ブログで時折書いてきた大阪市大正区の大阪市西消防署の新建物ですが、本日3/24から消防署としての活動を開始します。

大阪市消防局新庁舎の全景(西消防署)

 

 

 

 

 

 

この大きな建物内では、防災拠点としての役割りを担う消防局施設との同居となります。
正確には大阪市消防局の新庁舎に大阪市西消防署が併設される形なのですが、見た目には大きな消防署に見えますのでブログでは消防署の建物としておきます。

大阪市消防局新庁舎駐車場から見える京セラドーム大阪

 

 

 


京セラドーム大阪のすぐ西隣に位置するこの施設の概要は次の通りです。

大阪市消防局(西消防署併設)の概要
1 建築概要
・所在地 西区九条南1丁目12 番54 号(西消防署も同じ)
・敷地面積 4,600.49
・建築面積 3,027.99
・延床面積 17,414.20
・構造様式 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
・階数 地下1 地上8階 塔屋2
・建物高さ 42.80m
・建築経費 約81 億円
・その他 ・アンテナ塔(地上約120m)

アンテナ塔のお隣には大きなパラボラアンテナも設置されています。
両方揃うと京セラドーム大阪と相まっていかにも“秘密基地っぽい”雰囲気が漂ってきます。
・訓練棟(鉄骨造5階建)

2 各階の用途
8階 機械室
7階 警防部(指令担当)、指令情報センター、講堂
6階 会議室、機械室
5階 警防部(警防担当、計画・情報通信担当、救急担当)、作戦会議室、食堂
4階 総務部(総務担当、人事厚生担当、施設・装備担当、機械器具開発担当)
3階 予防部(予防担当、保安・規制担当、消防設備指導担当)、入札室
2階 西消防署
1階 西消防署、中央管理室、展示コーナー

3 建物の特徴
・免震構造
建物最下部に免震装置を設置し、大震災時においても建物機能を確保した。
・省エネルギー対策
環境に配慮した庁舎として省エネルギー、省資源を推進し、自然エネルギーを有効利用するために、「太陽光発電」「雨水利用」「排水の再利用」などを積極的に採用し、自然換気も十分に行える建物構造とした。

有り難い事に、消防署、消防局施設の一部に見学・展示スペースが設けられています。
・見学・展示スペース
防火防災意識の普及啓発スペース(1階及び3階ロビー)のほか、119 番通報を受ける指令情報センターに見学スペースを設け、市民に開かれた親しみやすい消防をめざす。

指令情報センターでは、日々掛かってくる消防や救急電話に対応・指示をしているので、その模様がライブで見られるのは凄い事だと思います。
ただし、施設の重要性から、事前の予約等が必要かもしれませんのでその点だけはご確認下さい。

1 移転先住所・電話番号
〒550-8566
大阪市西区九条南1丁目12 番54 号
電話番号 局代表06-6582-2854 FAX06-6582-2864
2 事務開始日
(1) 平成20 年3月3日(月)午前9時00 分から
・大阪市消防局
総務担当 06-4393-6062
予防担当 06-4393-6323
警防担当 06-4393-6490
(2) 平成20 年3月24 日(月)午前9時00 分から
・消防局指令情報センター
指令担当 06-4393-6651
・大阪市西消防署
〒550-0025 大阪市西区九条南1丁目12 番54 号
電話番号:06-4393-0119(代表) FAX:06-4393-0124
※ 大阪市救急情報サービス 6543-9999 の番号には変更はありません。

大阪市民の為により一層活躍して頂ける事を期待致します。頑張れ消防局・西消防署!



2008年02月11日

阪急百貨店の建て替え工事状況です(2008年2月10日の夕方)

HEPファイブ4Fのスヌーピータウン梅田に寄った帰り、地下の人ごみを避けるため1Fでエレベーターを降り外を歩くことにしました。

新装開店となったHEPナビオの阪急百貨店メンズ館の横を通って南側(御堂筋方向)へ進みました。
メンズ館の中には沢山のお客様の姿が。バレンタインデー前だからでしょうか?女性やカップルの姿が多く見うけられました。

HEPナビオの先端部分(南端)に到着。
取り壊し工事用の外装に覆われた富国生命ビル

 

 

 

斜め左の富国生命ビルは、解体工事の為でしょう、全体が外装で覆われていました。

一方、道路を挟んで右側の阪急百貨店はというと、南側部分の取り壊し作業は終了し、建設作業が始まっています。
阪急百貨店建て替え工事現場東面全景

 

 

 

 

 


北側部分にクレーンが据えられ、鉄骨の組立が行なわれています。
どうやら2F部分位までは鉄骨が組み上がってきたようです。

阪急百貨店建て替え工事現場東面からUP

 

 

 


遮蔽物が無いため、丸ビルやヒルトン大阪など南側に建つ建物が良く見えています。

南側の空、心なしか広く感じます。左側に少し写っている富国生命ビルが解体撤去されるとさらに広く感じるのでしょう。
HEPナビオ先端から見た南の空

 

 




そして真上の空。
HEPナビオ先端から見上げた空

 

 

 

左上がHEPナビオの先端部分、右上が阪急グランドビル、そして右下から伸びているのが阪急百貨店を建築中のクレーン。

建設工事中の阪急百貨店の先に見えているのが、新阪急ビル。
HEPナビオ先端から見た新阪急ビル全景

 

 

 

このビルも建て替え話がでているそうで・・・大阪駅周辺の変化もここ数年で東京並みに劇的なものになりそうです。

ただ、企業の皆さまにはくれぐれも、訪問するお客様にとって魅力的な場所であろうという気持ちを忘れないでもらいたいものです。
(悲しい箱物(はこもの)は第3セクターだけで十分ですから)



2008年01月22日

生駒山に雪が積もりました。(大寒の日の大阪2008年)

24節季のうちの1つ、<大寒>に当たる昨日は日本中が寒さに震えました。

大阪でもこの冬初めて信貴生駒山系にしっかりとした冠雪が見られました。
雪の積もった生駒山2008

 

 

 

今期も生駒山の一部分に白いものが見られたことはありましたが、これほどしっかりした雪は初めてでした。

山の中腹にある<水呑み地蔵>の小さなお堂も真っ白でした。
雪化粧した水呑地蔵のお堂

 

 

 

ちょっと風情を感じる風景です。

有り難い事に山の麓から中腹に掛けては雨で済みました。
(雪にめっぽう弱い大阪、平野部に積もってしまうと半日以上交通が麻痺してしまうのです。)

雪が解けたお昼前の生駒山

 

 

 


お昼前には山頂付近の一部を残して殆どの雪は姿を消してしまいました。

今日も寒い1日で、山頂には昨日の雪がチラホラ残っています。
今夜から明日の朝までは雨が降るという予報、さらに寒さはもう暫く続くそうなので、今週はもう一度雪景色を見ることになるかもしれませんね。

ウィンタースポーツ大好きな方には良い傾向ですが、雪に不慣れな都市生活者にとってはちょっと辛い気候です。



2008年01月14日

今宮戎神社の風景 2008年のえべっさん その2

昨日からの続きです。

今宮戎神社の境内を出るなり、<ホエカゴ>の為の通行規制に遭遇です。
<ホエカゴ>が良く分からないまま縁起物を売るお店の前で待つ事になりました。

暫くすると『ホーエカゴ!』という掛け声の下に、行列が近づいてきました。
ほえかご行列先頭

 

 

 

先頭の方が持つ大きなちょうちんには<宝恵駕>の文字がありました。これが<ほえかご>行列のようです。

宝恵駕行列の様子1

 

 

 

 

 

 

裃を着た方、半被の方、芸子さん、駕篭を担ぐ人、振袖を着たお姉さん、商店街の偉いさん、山車の様な立宝恵駕行列に参加する福娘の皆さん派な乗り物、そして福娘の皆さん。
宝恵駕行列に参加する立派な山車

 

 

 

境内にいらっしゃらなかったのはこの行列に参加するためだったのですね。理由が分かりホッとしました。(行列を見る限り、今年は外国人福娘さんはいらっしゃらないようですね)

宝恵駕行列に参加する横山たかしひろしさん宝恵駕行列に参加するオリックスの中村さん

 

 

 


宝恵駕行列の中には『すまんのー笑えよ』のコメントでおなじみの横山たかしひろしさんやオリックスバッファローズの中村勝広球団本部長の姿が見られました。

戎祭を景気づけるなかなか立派な行列でした。いいものが見られとてもラッキーな気持ちでした。

行列が過ぎ去った後は往来が可能となりましたので、余韻を残す通りを屋台を見ながら難波駅へ向いました。
なんばCITY ロケット広場での演奏の様子

 

 

 

なんばCITYの“旧ロケット広場”(昨夏にロケットが撤去されてしまいましたので)では今年も演奏会が行なわれて行なわれていました。

私の中で毎年恒例となった干支の土鈴購入ですが、今年は何とか金色のネズミの土鈴を買う事が出来ました。
今宮戎神社で買った金色の干支の土鈴

 

 



1/10お昼前の時点で残り2個とギリギリでしたので、今年も昨年同様に全体的に見た景気はプラスに進む可能性が大きいかと思います。
しかし実際には二極化が言われて久しいので、十二支のネズミの逸話ではありませんが、何とか景気の良い極のシッポを見つけ、それに掴まってでも今年を乗り切ってやろうと思います。

 



2008年01月13日

今宮戎神社の風景 2008年のえべっさん

今年は本戎である1/10に今宮戎神社へ行ってきました。
詳しくは鎖屋兄弟ブログの方を見て下さい。

こちらでは昨年同様、今宮戎神社の風景をお伝え致します。
今年は金色の干支の土鈴を確実に手に入れるためにお昼前に今宮戎に行きました。

十日戎の浦美術のお店

 

 

 


参拝道の途中、いつもの場所に今年も<浦美術>さんがお店を出しておられました。(去年の様子はこちら
2008年度浦美術の展示品トラの剥製2008年度浦美術の展示品シロクマの剥製

 

 

 

今年も剥製がドーンと展示されて居りました。

今年の変わったものといえば・・・
浦美術のお宝品?ラピュタのロボット

 

 

 

 

 


天空の城ラピュタから発掘されたらしいロボットなんていうのは如何でしょう?

今宮戎神社北側にある廣田神社の本殿には立派な絵馬が飾られております。
その絵柄が変わっておりましたのでここに載せてみます。

廣田神社に掛かる白馬とエイの絵柄の絵馬

 

 

 


神社への奉納絵馬ですので“白馬”は分かるのですがそのお隣に掲げられている絵馬の絵柄はなんとお魚の“エイ”なのです。
何か謂れがあってのことかとは思うのですが・・・ちょっと分かりませんでした。
なかなか立派な絵でしたので是非一度ご覧になってみて下さい。

今宮戎神社周辺の縁起物を売るお店






今宮戎神社の周りには今年も縁起物の飾りを売るお店がぎっしり。

境内に入ると沢山の方がお参りに来ておりました。
皆さん、手には新しい笹を持っているのですが、いつもに比べると縁起物の飾りをつけてもらっている方が少ない感じ。

『なぜかな?』と思って飾りをつけてもらうコーナーを見たところ・・・。
福娘さんが一人もいらっしゃいません。男性、それも割合年配の方々ばかりが座っておられました。
(その理由は後で分かったのですが・・・)
やっぱり福娘さんに付けて貰いたいと考える方が多いのでしょうね。

今宮戎神社本殿後ろにある大きなドラ

 

 

 


戎神社の本殿後ろには大きなドラが取り付けられており皆さんが代わる代わる手で叩いていました。
一説によると戎様(えべっさん)は耳が遠いのでドラを叩いて気付いてもらうのだそうです。

ドラの上には大きなスピーカーが取り付けられており、吉本の芸人さんや沢田ケンジさんのような関西ゆかりの俳優さんや歌手の皆さんから頂いたご挨拶的な一言コメントを流しておりました。

境内の隅では大阪産業創造館(サンソウカン)のブースが出され、ネズミの被り物をした女性が『お菓子をどうぞ』とサンソウカンの紹介資料入りの粟おこし(岩おこし)を配っておられました。
今宮戎神社境内のサンソウカンブースサンソウカンブースで配っていた岩おこしとチラシ

 

 

 

大抵は年配のオバちゃんが貰っていたのですが・・・えべっさんに来るくらいなので町の社長さんの奥さんも多くいらっしゃる事でしょうが・・・その場で食べてしまう方も居り、同封資料が社長さんの手に届く事をちょっと祈ってしまいました。

帰途に着こうと境内を出たその時、警察官と神社関係者の方から『“ホエカゴ”が来ますので道を開けて下さい』との指示が飛びました。

“ホエカゴ”とは何かについては、次回の記事をお楽しみにして下さい。



2008年01月07日

松の内の四天王寺さんの様子 2008年

今年はカレンダーの都合上、1月6日までのお休みでした。
しかし、レディママのほうはお仕事が入っていたので、ユーキボンと二人でレディママの仕事が終わるまで何度か時間をつぶす事になりました。

今年は割合暖かな日が続いていたので、時間つぶしの方法として、1/3と1/6に四天王寺さんを使わせてもらいました。

ユーキボンをベビーカーに載せ、四天王寺の境内をお散歩します。
参道や境内の一部には屋台が出ており、参拝の方々で賑わっておりました。

まず、1/3から。
四天王寺の境内の様子

 

 

 

境内の亀の池に行った所、冬にもかかわらず既に数匹の亀が出てきて甲羅干しをしておりました。
四天王寺の亀の池 2008年1月3日

 

 

 

 

 

暫く観察後、境内を東へ移動。

少し開けた場所に鳩が群れていました。
ユーキボンが反応するので、持っていたベビーカステラを細かく千切って鳩にあげようとした所、敏感にそれを察知した鳩達が一斉にベビーカーの周りに近づいてきました。
足元では既に、千切った時に落ちるベビーカステラの粉を啄ばむ鳩が。

さらに亀の池付近にたむろしていた鳩達もこの雰囲気を察知して一斉にこちらに飛んできました。
気付くと、周りには100羽を超えるであろう鳩の大群が。ククーククーと鳴きながら餌をねだってきます。

持っていたベビーカステラも一瞬にして無くなり、ハトポッポの歌を口づさんでいる雰囲気ではなくなりました。
若干の危険を感じ大急ぎでこの場を離れようとしましたが、鳩の群れは10m程度移動してもまだククーと言いながらくっ付いて来ておりました。

現代の鳩、なかなか恐るべし でした。

1/6の午後も再び四天王寺にお邪魔することに。
1月6日の四天王寺の風景

 

 



1/3よりは2時間程度遅い時間のお邪魔だったのですが・・・
1/6時点での四天王寺亀池の亀たちの様子

 

 

 

亀の池を通過した所、日向ぼっこをする亀の姿がさらに増えていました。

前回の教訓から鳩に餌をやることはしませんでした。

振り返ると今年のお正月休みは天候にも恵まれ割合穏やかに過ぎて行ったように思います。
この1年もこんな感じで穏やかに過ぎて欲しいものです。



2007年11月09日

大阪ミナミ(難波)のクリスマスデコレーション 2007

今日は用事があって夕方から大阪の難波界隈に出掛けました。

まずは高島屋大阪店地下のケーニヒスクローネへ。
お菓子の下調べを終えて外へ出ると、そこはちょうどロケット広場があった場所。
ロケット広場の実物大ロケットロケット広場跡に作られたツリー2

 

 

 

 

 


多くの人に長年、待ち合わせ場所として利用されてきたロケット広場でしたが、シンボルだった巨大なロケットは8月に撤去されてしまい、その跡地には、クリスマスツリーが置かれていました。
ロケット広場跡に作られたツリー1

 

 

 

5時前だったため、待ち合わせをしている人の姿もなく、ちょっと寂しい感じでした。
1階に上がり、高島屋の正面を通ると、こんなクリスマスデコレーションが。
高島屋クリスマスデコレーション左側高島屋クリスマスデコレーション中央

 

 

 

 

 


高島屋のクリスマスデコレーション右側

 

 

 

 

 

 

今年のモチーフは熊のようです。なかなか可愛らしい展示です。
写メを撮る若い女性の姿もチラホラ。

戎橋筋を北上します。
551蓬莱のクリスマスデコレーション

 

 

 

途中にある、551蓬莱もこんなクリスマスデコレーションを施していました。
ご存知 グリコのネオンサイン

 

 

 

 

 


いまだ架け替え工事の続く心斎橋を渡った後、人ごみを避けて御堂筋へ。
そごう百貨店1階にも大きなクリスマスツリーが設置されていました。
そして、目的地の東急ハンズ心斎橋店に到着。1階では様々なクリスマスデコレーションが準備されていました。
地下や3階では忘年会やクリスマスパーティーに向けたパーティーグッズや景品に使えそうな様々な商品が多数準備されていました。
ここでの用事を済ませ帰路へ。再び御堂筋側に進み南下します。

大丸のイルミネーション1大丸のイルミネーション2

 

 

 


大丸百貨店の壁面では綺麗なイルミネーションが点灯していました。
大丸のイルミネーションUP

 

 

 

 

 


(写真では色の違いが上手く撮れていませんが実際はもっと綺麗な色合いです)

道頓堀のネオンサイン

 

 

 


道頓堀沿いのネオンも綺麗な感じ。
他の多くの商業施設やビルでもクリスマス用のデコレーションや電飾がつけられ始めています。

本格的な寒さが来ていないこの時期、ちょっと遠回りをして綺麗なデコレーションを楽しんでみませんか?



2007年05月07日

秘密基地外観完成か!?(大阪市西消防署の建物建築状況 その4)

本日も約1ヶ月ぶりに大阪市の大正区へ行って来ました。
GW最終日の雨模様とはうって変わった青空の下、薫風(ちょっと潮風でしたが)のJR大正駅に降り立ちました。

さあ、今月の<大阪市西消防局>の建物はどうでしょうか?
『あっ!』やっぱりちょっと様子が変わっています。
大阪市西消防局南面写真

 

 

 

先月見たときには消防局のビルの周りに設置されていた金属製の壁は高く感じたのですが、今月はかなり低くなっている印象が。

北側の様子を見てみることに。
西消防局北面外観写真

 

 

 

 

 


北側壁面の工事は完全に終了したようです。
北側入り口付近の工事が塀越しに見えていました。
北面入り口工事の様子

 

 

 

傍の歩道橋から覗いて見るとこんな感じ。
西面入り口

 

 

 

西入り口も完成に近い感じ。
西面工事の様子

 

 

 

この西側に消防車が止められるのでしょう。中はまだ工事中なのですが、柱部分には既に時計が取り付けられています。

大阪市西消防局南面写真

 

 

 


建物の南面はまだ2階部分の工事が続けられているようですが、全体的な建物の外観はほぼ完成した様子です。
これからは内装工事が本格化していくのでしょうね。

今回のおまけ写真。
植え込みに咲く花植え込みに咲く花UP

 

 

 

境川交差点を西方向へ渡った所にある植え込みに咲いていた花です。

工事中の<大阪市西消防局>の西側の工事用塀にはこんなポスターが。
大阪市立阿倍野防災センターのポスター

 

 

 

 

 


大阪市立阿倍野防災センターの紹介ポスターでした。
阪神大震災の教訓を下に作られた防災教育施設です。防災に関する体験学習が出来る施設らしいです。
時間があれば一度訪ねて見たい場所ですね。

それではまた来月ご報告致します。



2007年02月27日

秘密基地完成までもう少し?(大阪市西消防署の建物建築状況 その2)

秘密基地完成までもう少し?(大阪市西消防署の建物建築状況 その2)

2/26に大阪市大正区まで行って来ました。
今回は2/23の記事の続報になります。
2/23の記事では1/29時点での工事状況をお伝えしましたが、それから1ヶ月弱経った時点での進捗状況となります。
1/29時点ではアンテナの高さが3段だった“秘密基地”ならぬ<大阪市西消防署>ですが、2/26にはなんとその倍の6段にまで成長していました。
大型クレーンとアンテナ

 

 

 

 

 


どうやらこの6段までで高さは確定のようです。
JR大正駅プラットホームから見えるアンテナ

 

 

 

これだけ高くなると少しはなれたJR大正駅のプラットホームからでもアンテナの上部がはっきり見えます。
アンテナ最上部のUP

 

 

 

アップで見てみると、金属骨格だけの構造物でとてもSFチックな感じ。
建築資材を運ぶ小型クレーン

 

 

 

 

 


アンテナ建設用の大型クレーンと、敷地内に設置された小型クレーンが材料の上げ下げをして動いています。
次に反対側の北側の工事状況も見てみることに。
西消防署建物北側から見た工事風景

 

 

 

 

 


北側の写真です。
アンテナと大型クレーンとが2段おきに連結されていました。
ビル部分の最上部角には消防局のマークが取り付けられています。
ビルの壁面も北面、西面とも所々が工事用のネットで覆われ工事中の状況。ビル内部についてもまだ完成には至っていない様子でした。

今回のおまけ写真です。
オリックスバファローズの2007年度版選手横断幕

 

 

 

京セラドーム大阪の南側には2007年度版の選手の顔写真の入った横断幕が掲げられていました。
来月、3/26にも大正区へ行きますので引き続き“秘密基地”<大阪市西消防署>の建設工事状況をご報告致します。



月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント