本 雑誌 書籍情報です。お役立て下さい!


本 雑誌 書籍

2005年10月05日

ファンやコレクターでなくても欲しくなる?(建築家 安藤忠雄の本)

10/1にサントリーミュージアム天保山に行った際、ミュージアムショップに立ち寄りました。
実はこのミュージアム、ご存知の方も多いと思いますが、今や日本を代表する建築家 安藤忠雄氏のデザインにより建てられたものです。
関西では彼のデザインした建物が割合多く見られます。例えば、天王寺公園の中にある映像展示館や大阪南河内郡の
近つ飛鳥博物館>、兵庫県淡路島の<淡路夢舞台>など、公共的なものだけでも数えていくとたくさんあります。

それら、彼の作品について、氏へのロングインタビューと、氏自身の文章(論文)、そして作品である建物やそのデザインスケッチなどがカラーで多くちりばめられている本をショップ内で見つけました。

安藤忠雄本表紙タイトルは 『安藤忠雄 建築手法』発行は A.D.A. EDITA Tokyo(エーディーエー・エディタ・トーキョー) ¥2800+税 です。

これだけの事であれば、何も記事にしません。注目して頂きたいのは表紙を開いた次のページです。

実はこの本、安藤氏のサイン入りだったのです。それも直筆の。さらに驚く事には、自身が設計したサントリーミュージアムのラフデザインが。
どうして直筆だと分かるのか? だって、積んであった本を1冊ずつ見比べると、全部、字の形や絵の形が異なっていたんですから。
安藤忠雄サイン<限定>で置かれていたこの本、棚の上に残っているのはもう10冊を切っていました。
そのお隣には安藤忠雄氏の建築作品を写した大きな写真集が置かれてありました。これには、『サイン紙』(色紙のようには厚くない紙でした)がつけれれていました。
これも<限定>ですがお値段は 税込み¥15750 だったと思います。綺麗な写真集で う〜ん、欲しかったのですが、値段が値段なので諦めました。

こんな珍しい本、きっとこのミュージアムショップでしか買えないと思います。
ミュージアムにお越しの際にはぜひ、ショップも覗いてみて、まだ残っているようであれば、1冊買われても損はないと思います。
この本があれば安藤忠雄作品の勉強になりますし、サントリーミュージアムについても少し詳しく知る事が出来そうですよ。
(と書きながら、その私自身、まだ目次と写真を眺めているだけで本文を読んでいないのですが・・)
安藤忠雄 本中の写真1安藤忠雄 本中の 写真2

 

 

 


安藤忠雄建築手法

関西では、長引く不況の為『企業メセナ』の考えが薄れ、特に劇場を中心として閉鎖が続いています。そんな中で私企業でありながら、本業とは異なる<芸術活動>に力を入れられているサントリーさんの態度は素晴しいと思います。
皆さん、大阪港にお立ち寄りの際には、ぜひ、海遊館と共にサントリーミュージアムにも足を運んで下さい。本当に良い所です。



2005年09月19日

恥ずかしながら衝動買い致しました。

JR大阪駅(梅田)一階にある<ギャレ(gare)大阪>に立ち寄った際、ある雑貨屋さんで思わず衝動買いしてしまいました。
(そこは妻がよく覗くお店で、一応、その場に居た妻の承諾は得ております)
ガスパール1ガスパールのぬいぐるみです。高さ20cm位の小さなものです。
この真っ黒い犬のようなキャラクター、ポスターやCMで一度位は見かけられているかと思います。
アン・グッドマンさん(文章担当)とゲオルグ・ハレンスレーベンさん(絵を担当)ご夫妻が作られている絵本『リサとガスパール(フランス語の原題ではガスパールとリサなのですが)』シリーズに登場する主人公です。
昨年でしたか、一昨年でしたか、梅田の大丸ミュージアムで『リサとガスパール展』という展覧会があり、その時に詳しく知りました。
なんとなく憎めないこのキャラクター、その時からちょっと気になっておりました。
昨年レディが家にやって来てから、また思い出し、そして今年の春、『ガスパールこいぬをかう』という絵本を買いました。
ガスパールこいぬをかうの図ページ数は30ページ弱と少なく、見開き左右でひとつの絵となっています。また、子供向けですので文章はすべてひらがなで、ほのぼのした内容のお話になっています。

現在の所、この他にも15種類くらいのお話が出版されているようです。そのうちの半分以上が、『リサ〜』という題名ですので、元々の主人公はどうやら真っ白い『リサ』の方みたいですね。

今回買ったぬいぐるみは確か展覧会の原画の中にあったもので、印象に残っていた為に思わず買ってしまったのです。
何処となくロシアの衣装のような青い服を着て、トレードマークの青いマフラー、そして、アライグマの帽子。顔は、いつものようにどこか憎めない、そんなつくりです。ガスパール2

ここで『リサとガスパール』についての情報を。

10月中旬には日本語版の出版社 <ブロンズ新社>さんより新作『リサとガスパールのレストラン』が出るそうです。(¥1150)
今回のおはなしでは、リサの『いとこ』が登場するらしいですよ。
ブロンズ新社さんのサイトURLは以下の通りです。
http://www.bronze.co.jp/lisa/lisa01.html

また、長野県安曇野絵本館では2005年10/5から2006年1/9までの期間、新作を含む原画展を開催予定です。

さらに、大阪梅田の阪急百貨店では昨年2004年に続き、今年もクリスマスの期間、1階のショーウインドウを『リサとガスパール』で飾る予定との事です。
阪急さんの場合、コンコース取り壊しがあるので非常に残念ではありますが、毎年綺麗な飾りで楽しませてくれておられるので、今年も期待しましょう。

先程、レディに『ガスパール』を紹介しました。車の中ではダッシュボードに載せられた『ガスパール』を後部座席から身を乗り出して見つめていた彼女でしたが、
工場の事務所で、より近くから対面させた所・・・
レディ子対ガスパールレディ対ガスパール2

 

 

 

という結果になりました。
これじゃ『ガスパールこいぬをかう』ではなく『ガスパールを小犬が咬む』です。

絶対もう見せてやらないぞ、レディ。

ガスパール こいぬをかう

リサ&ガスパール ガスパール ドレス S

リサとガスパールのレストラン



2005年08月25日

妻が見つけたカピバラさんのこと(かわいい?)

それは、8/23のブログで書いた<カピバラさんの消息>を知る少し前のことでした。
「こんなのが載ってたんだけど」妻が嬉しそうに教えてくれました。
それはコンビニでたまたま買った雑誌『ねーねー』の8・9月号でした。
(主婦と生活社 発行 特別定価¥700)
この雑誌、表紙の表記によると1995年から発行されており、現在は奇数月の15日に発売となっているようです。
一見すると、絵本雑誌のようですが、中には、リラックマや、アフロ犬、パンダーゼット等コンビニで見かけるキャラクターのお話も載っているちょっと変わった絵本でした。
妻は表紙に描かれていたアランジアロンゾさんデザインのカッパやベビーわるものというキャラクターを見て買ったようなのですが。
(確か愛知万博のキャラクターモリゾー&キッコロをデザインしたのもこの方だったと思います。)
そこに載っていたのが<カピバラさん>というキャラクターです。
著作権等の都合で掲載が禁止されていますので、どんなキャラクターかは下記URLもしくは雑誌『ねーねー』の8・9月号の表紙の裏ページと68−69ページを見て下さい。
ホームページでは実在するカピバラの写真と情報も載せてくれていたかと思います。
この漫画の<カピバラさん>は「のんびりマイペースで我が道を行くなごみ動物です。草を食べるのと温泉が大好きで、普段は「キュルキュル」怒ると「グッ!」と鳴きます」
と言う設定になっています。
じつはこのカピバラさん、『ねーねー』に4コマ漫画として載り出したのはつい最近なのですが、キャラクター自身の歴史はもう少し古く、2003年頃にゲームセンターなどにあるクレーンゲームの景品として登場しているらしいのです。
もしかすると見られたり、手に入れられた方もいらしゃるかも知れませんね。
私自身、まだ見たことはないのですが、カピバラさんのぬいぐるみや絵本が8月から発売されているようなのです。
ぬいぐるみは株式会社 バンプレスト ライフクリエイティブ ディビジョン 03-3842-1305(月-金10時−16時)
URL http://www.banpresto.co.jp
絵本はゴマブックスから発売予定です。
カピバラさんをデザインしたTRYWORKSさんのURLは
URL http://try-works.big-e.ne.jp/home/ です。

この癒し系キャラ、もし見かけたら一度触ってみて下さい。
私達もカピバラさんのいない寂しさをこれらアイテムで癒してもらえればと思います。



2005年08月09日

この時期だからこそ読んで、そして考えて欲しい漫画です

06d649c0.JPG

8/6は広島、そして今日8/9は長崎に原子爆弾が投下された日です。
あれからもう60年、時の流れと共に、悲しい事ですがあのときの事を語る人も少なくなってきています。
そこで、今日皆さんに紹介したいのは、この1冊の漫画です。
タイトルは『夕凪の街 桜の国』作者は こうの史代さん 発行は双葉社 定価は¥800+税です。
夕凪の街桜の国
広島で原子爆弾を体験した女性が主人公です。
絵のタッチは古い漫画の感じで好き嫌いはあるかと思います。
ですが、描かれている内容は深く重いものです。
誰もがともすれば忘れてしまう原子爆弾の本当の恐ろしさ、それは強烈な破壊力に隠された本当の恐怖であり、誰に対しても容赦の無い残酷さです。
   <放射線障害> これがこの漫画の主題になります。
被爆した人は誰しもこの恐怖と隣り合わせに生きる宿命を負わされるのです。
閃光を浴びたあの日からもう何年も経ったある日、昨日まで元気だった人が急変し、そして命を落としていく。自分の家族が、友人が・・・。
「次は自分じゃないか?」その思いは時が経つと共に大きくなる一方です。
こんなひどいことはないじゃありませんか。
国家が作り出した戦時下という状況で、仕方なく暮らさざるを得なかった「普通の人」が背負うべき罰ですか?
どう考えても、不公平だし重すぎますよ。
8/8深夜でしたがNHKで広島原爆に関連したドキュメンタリーが放映されていました。
出演していたのは元プロ野球選手の張本勲さんでした。彼も子供の頃広島で被爆していたそうです。
プロ野球選手として活躍していた30歳代、急に体調が悪くなり精密検査を受けられたそうです。
検査の結果、違うことが明らかになったのですが、結果が出るまでの間、やはり彼も、「原爆症が発症したのでは?」と考えましたし、
「自分の子供にも何かしら原爆の影響が遺伝するのでは?」と言う考えがズーッとあったと話しておられました。

原爆の持つ本当の罪を改めて感じ、考えさせられました。
この現実、事実が、アメリカの言う「原爆によりもたらされた平和」で今や殆ど覆い隠されようとしています。
これを止められるのはやはり、広島、長崎の被爆体験者であり、被爆国日本に住む我々しかないのではありませんか?
国家として原爆の真実、事実を語り継ぐ体制を作ることこそ、日本の世界に対する責務であり、
それこそが世界へ示す真の核抑止力になり得ると思います。
「核は無くならない」と考える人が増えているとのニュースがありました。
「核は無くなる。核を無くそう!」と全員が思える日本を今こそ創っていく時です。
被爆体験者の平均年齢は70歳を越えています。もう時間はありません。急いで。

追記、放射能同様に知らぬ間に体を蝕む恐ろしいもの、それが今問題となっているアスベスト(石綿)です。
核兵器にしても、アスベストにしても、真に相手のことを自分の事のように思う気持ちがあったならばこのような使われ方はしなかったはずです。
折角の夏休み、そしてお盆休みです。この機会に改めて、学力ではない「こころ」の教育を大人も子供も考え見つめなおしてみませんか?

双葉社のHPは
http://www.futabasha.co.jp/

HPからも本が買えるそうです。
ちなみに、今回取り上げた『夕凪の街 桜の国』は平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門で大賞を受賞しているそうです。



月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント