ペット情報です。お役立て下さい!


ペット

2008年02月03日

ジュディ犬、病院へ行く(食欲低下と体調悪化)

今週に入り食欲が低下し、毎日の散歩でもつまづく回数が増えてきたジュディでしたが、昨晩からは全く餌を食べなくなり、今朝は、起き上がるのを躊躇ってなかなか小屋から出てきません。
おしっこはきちんとしたので大丈夫でしたが、大きい方は出ませんでした。
昨年のゴールデンウィーク明けのようになっては大変、完全に寝込んでしまう前に病院へ連れて行くことにしました。

車の後部座席を倒し、クッション材で高さ調節、その上にアルミシートと毛布を敷いてジュディの寝床スペースを作りました。
それから昨年お世話になった西村動物病院へ電話連絡。
ここ暫くの症状を口頭で伝えた後、ジュディを病院へ運びました。
ジュディの体力では後方ハッチバックから乗り込むことが出来ず、結局後部座席の足元に寝そべる形で連れて行きました。

病院に到着し、さっそく検査へ。
マズルホルダーで鼻先と下顎を固定し、エリザベスカラーを装着。状況を把握したジュディーは『ウーウー』怒っています。
診察台に抱え上げ体重測定。32kgということで昨春より5kg減との事でした。
採血、体温測定(肛門に体温計が十分入らず失敗。指を入れての触診へ)、腹部の触診。
4本足で立たせての観察。足、特に後足に震えが見られます。
この後は、飼い主は検査室を退場し、レントゲン撮影となりました。

暫くして検査終了。再び検査室に呼ばれました。検査結果の報告です。
暴れたため横からのレントゲンだけだったのですが、腎臓部分が若干下に下がっている感はあるものの概ね問題点はない様子。
エコーの結果でも肝臓、胆のうについては昨春のような症状は出ていません。
血液検査の結果、若干の潜血を含め殆どの値が正常値の範囲内でした。
唯一問題となったのが、血中カルシウム濃度の値です。範囲値よりも高くなっています。
原因は不明。ただ、血中カルシウム値が上昇すると食欲低下が見られるのだそうです。確かに食欲はありません。
カルシウム値が上昇する原因としては腫瘍やリンパ腫、ホルモンバランスの変化が考えられるとの事。
高カルシウム血液状態が続くと腎臓に悪影響を及ぼすので問題です。
一過性のものであれば良いのですが、カルシウム値を下げる飲み薬はないらしく、点滴により、血中カルシウムを洗い流す位しか対処法はないようです。
一応点滴をしてもらうことになりました。
また、甲状腺に問題がないかを調べてもらうことにもなりました。
結果は早ければ火曜日に分かるとの事。

点滴を終えたジュディですが、床にベチョッとなったままでなかなか立ち上がれません。
何度かお尻を押してもらいどうにか立ち上がりました。後足に力が入りにくいようです。

その後、後部座席前の空間に乗り込み寝そべった状態で帰宅して行きました。
結局帰宅後も車から降りず、今も車の中で丸くなってじっとしています。

夜9時半過ぎにホイップクリームをたっぷり塗った甘いパンを持って行きましたが、小さくちぎって口元へ持っていっても食べようとしません。
外は夕方以降、しとしとと雨が降り、車の中もかなり寒い感じ。体に綿毛布を掛けてやりました。(嫌がる力はないようです)
その際、お腹付近に手が行ったところ、『ウーッ』と怒りました。どうやらお腹付近に違和感があるようです。
仕方がないのでそっとしておくことにし、車のドアを閉めました。

今朝以上に状態が悪化した感のあるジュディー。とても心配です。
明日の朝、同じような状態であれば、日曜日は休診日ではありますが、連絡をして診て貰おうと思います。
頑張れジュディー!



2007年06月08日

さようなら、シロちゃん(シロちゃん逝く)

このブログにも時々登場していたジュディ犬の兄弟犬、真っ白ワンコのシロちゃんが亡くなりました。

シロちゃん

 

 

 

 

 

 

正確には、今週の月曜日、6月4日の朝、飼い主である田中さんが工場に来た時には、既にシロちゃんは死んでいたとのことでした。
このことを知ったのが昨日6月7日の夕方でした。

田中さんのワンコそういえばこの2〜3日、斜め向かいにある田中さんの工場の入り口で寝そべるシロちゃんの姿を見ないなあと思っていたのですが、まさかこんな結果だったとは・・・、正直、非常にショックを受けています。
年齢的には12歳を過ぎ、人間で言えば60歳台から70歳台でしたが、つい先週末も、散歩に行く姿を見かけていたので・・・。

先月、5月7日の夜にはジュディ犬が体調を崩して倒れ、生死の危険があったばかりだったのですが、今月には兄弟犬のシロちゃんがこんな形で先に天国に旅立ってしまい・・・、生き物には寿命があるのは分かっていますが、立て続けにこんなことが起こるとちょっと複雑です。
チビクロ写真1

 

 

 

ブログ記事を辿った所、2005年のちょうど同じ6月4日の朝、うちの工場で飼っていたチビクロが亡くなっていました。

ちょうど梅雨に差し掛かり気候の変化が出てくる時期ですし、何より、ワンコたちにとっては一番恐ろしい“蚊”が飛び交いだす時期でもあります。
チビクロ、シロちゃん、そしてジュディ犬、どのワンコも蚊が媒介する“フィラリア”に感染していました。

このブログで何度も書いていますが、フィラリアはワンコ達にとっては本当に恐ろしい病気です。
今では、動物病院できちんと薬を処方してもらえば、フィラリア感染は防げますし、仮に感染していた場合でも、程度によっては、完治する事も可能だそうです。

毎年、分かっているだけでも全国で数千頭のワンコがフィラリアで亡くなっています。
ワンコを飼っておられる飼い主の皆さん、蚊取り線香だけでは絶対に蚊を防ぐことは出来ません。
自分達のワンコのため、そして他のワンコへの感染を防ぐため、ぜひ動物病院でフィラリアの検査を受け、予防薬を貰って下さい。

ジュディ犬

 

 

 


これは私だけでなく、死んでいったチビクロ、シロちゃん、そして、感染してしまったジュディ犬達の希望でもあると思うのです。

追記;昨日の夕方の事です。自宅に帰る途中、自宅から数分のところまで戻って来た時、1匹のワンコを散歩させている、5−6人の小学生の男女を見かけました。
連れているワンコを見てびっくり、若い頃のチビクロにそっくりのワンコだったのです。
色も真っ黒で、ふさふさとした尾っぽの感じまで同じ。
少し離れた後もう一度振り返ってみましたが、チビクロのトレードマークであった胸の辺りに真っ白い月の輪があるかは確認出来ませんでした。
チビクロが生まれたと言う場所からはそれほど遠くない場所ですので、もしかするとチビクロやその兄弟犬の血を受け継ぐワンコなのかもしれません。
でも、このタイミングでそんなワンコに出会ったことはちょっとビックリです。



2007年06月03日

ジュディの小屋周り大改装(夏の暑さ対策その1)

ゴールデンウィーク明けに体調を崩して倒れたジュディですが、動物病院での手当の甲斐があって、どうやら持ち直した様子。

ただ、倒れた原因が不明だと言う点が問題でした。

院長先生の話では、長時間の車での移動と暑さが体調不良の引き金となった可能性は否定出来ないと言う事でしたので・・・、暑さ対策を一生懸命考えた結果、第一弾として、ジュディの小屋周りを大改装し、風通しのUPと日陰スペースを増やしてあげようと言うことになりました。

改装前の小屋風景西側から見た場合

狭いスペースで寝そべるジュディ

 

 

 

 

 

 

これまでは小屋の周りにたくさんの植木が配置されておりました。風が植木の間を通ることにより涼しくなってくれるのではと言う思いもあっての配置だったようですが、実際には風通しを悪くし、小屋周りのジュディーが自由に動けるスペースを減らす結果になっているようでした。

そこで今回は小屋周りの植木を出来るだけ減らすと共に、小屋の位置を現在の場所よりももっと西側方向に移動させ、東からの直射日光のあたり具合を減らすと共に、小屋の入り口付近のジュディが自由に移動できるスペースを大きく確保することを主目的としました。

改装前の小屋を東から見た場合

 

 

 


改装前の小屋周りの様子です。西側に大きな植木がたくさん集められています。
また、小屋入り口のすぐ西横には大きな収納ケースが2個積み重ねられており、これがジュディの移動スペースを減らすことになっていました。

まずはこの部分から改装することに。

空き地で待つジュディ空き地で待つジュディUP

 

 

 


ジュディには改装工事が終了するまで、すぐ横の空きスペースで待っていてもらうことに。

弟と幼稚園児の甥っ子を助っ人に迎え、作業開始です。

まずは西側の大きな植木達の移動から。
動かそうとしてビックリ。並べられていた植木鉢の土部分にはどれも穴があけられ、沢山の土が植木鉢の周りに放り出されていました。
それらの土の中には元気の良いミミズ達が沢山暮らしていました。
まずはこぼれている土をスコップすくって植木鉢の中へ戻す作業からということに。ミミズと一緒にせっせと戻しておりました。
この時点で甥っ子はリタイア。『ミミズは怖くない』と言っていたのですが、やっぱり怖かった様子でした。
すると突然、どこからか黒い塊が飛び出して目の前を逃げていきました。
“ネズミ”のようです。
植木鉢の土部分に穴を掘り、住居として暮らしていたようでした。
ちょっとかわいそうですが、人間や飼われている動物にとっては“害獣”なので出て行ってもらうことにしました。

西の端にあった大きな植木鉢は植木鉢の底の穴を越え、周りじゅうに根を伸ばしていたので撤去することに。
小屋入り口のすぐ傍にあった大きな収納ケースも引っ張り出しました。

するとまたネズミが飛び出し、逃げていきました。合計2匹のネズミが暮らしていたようです。
収納ケースの周りには、土と共に、大量のネズミの糞が残されていました。どうやらネズミ達のトイレスペースとして利用されていた様子。
綺麗に掃き掃除をした後、水道水でよく洗いました。

植木鉢がなくなった西側のスペースに小屋を少し移動させ、収納ケース2個の中身を整理した後、それらを西の端に積み上げました。
小屋の後ろ部分に植木鉢を配置し、残りの植木鉢は日頃ジュディが寝そべっていた元花壇部分に乗せました。これにより、東側の日差しが幾分遮られるようになりました。
小屋の屋根部分には改装前同様に、屋上緑化宜しく、植木鉢を配置しました。

これにより、ジュディの小屋への光の当たり具合が減少するとともに、小屋入り口付近のスペースも西側により広く確保され、ジュディが日差しを避けるスペースが増えました。
寝そべっていた元花壇のスペースは無くなってしまいましたが、東側に植木鉢が増えたことにより、元花壇すぐ横の日陰スペースが若干広がり、朝の日差しを避けやすくなった様子です。

改装した小屋を西側から見た場合

 

 

 


出来上がった新しい小屋の配置と植木鉢の様子はこんな感じになりました。
元花壇の上の植木達

 

 

 

 

 


完成後、小屋に戻ったジュディでしたが、やっぱりちょっと落ち着かない様子。
小屋の前で座るジュディ

 

 

 

さらに、逃げたネズミが戻ってこようとしたのを発見したらしく、あちこちに鼻を突っ込みフンフンしておりました。

小屋の前で休むジュディ

 

 

 


午後にはそれなりに納得した様子で、広くなったスペースで寝そべっていました。

まだ、朝晩は涼しいので、ジュディへの負担は小さいようですし、今回の改装の結果がどのように効果を発揮するかも目下のところは不明です。
もう少し夏が近づいてきた時の日差しの差し込み具合に注意を払いながら様子を見、にっちゅうに直射日光が当たるようであれば、次は日除けのひさしをセットすることや、冷房対策も考えなければなりません。

ともかく、今回の改装により、何らかのプラスの効果が出ることを祈ります。

次は、風通しの悪い玄関先で暮らすレディ子の暑さ対策を考え実行せねばならないのですが、・・・防犯対策とセットで考えないといけないので、正直、こちらのほうが難題です。
頑張らなきゃ。

 

 



2007年05月14日

ジュディー、散歩に出かけられるようになりました(ジュディ犬倒れる! その6)

土曜日の夜、そして日曜日は、ジュディーの具合を気にして近所を歩いて散歩させただけでした。
日曜の夜は、ジュディ自身は自転車で散歩へ行ってもらいたかった様子でしたが、我慢してもらいました。

そして今朝(月曜日の朝)、約1週間ぶりに自転車での散歩にチャレンジです。
ジュディ散歩中1ジュディおしっこ中

 

 

 

なるべくゆっくり走るようにし、休み休みしながらいつもの散歩コースを走りました。

ジュディ散歩中2

 

 

 


正直、足取りも軽くと言うわけには行きませんでしたが、ひどく息を切らすこともなく、散歩を終える事が出来ました。
毛を刈られた右前足がちょっと痛々しい感じですが、ジュディ自身は元気な感じ。

散歩後はすぐに小屋に入ったジュディ

 

 

 

 

 

 

今週一杯は様子を見ながら散歩をさせようと思います。

そしてこの後来るであろう暑い夏への対策・・・、まずはジュディの小屋周りの通気性を良くし、日陰を増やす対策を考慮中です。
小屋から出てきたジュディ

 

 

 

早く対策をしてあげないとちょっと心配。うーん、難しい。



2007年05月12日

ジュディー、通院解除に!(ジュディ犬倒れる! その5)

金曜日の朝、ジュディは吐き戻すことなく、車の後部でおとなしくしています。
今日も車中泊でした

 

 

 

この日からは、ジュディママが一人で病院に連れて行くことに。
(昨日の車に乗せたまま点滴させる事が出来たので)

(聞いたところでは、)何の問題もなく点滴が出来たと言う事で、夜も一人でジュディを連れて行きました。
貰った缶詰もしっかり食べ、体調もかなり回復した様子。
まだちょっとしんどいジュディ

 

 

 

でもやっぱり車からは降りませんでした。

そして土曜日、診察は午前中だけなのでいつものように10時頃病院へ到着。

点滴後、車の中で待つジュディ(口輪付き)

 

 

 

 

 

 

点滴を打ってもらった後、院長先生から、体調が安定してきたようだとのコメントを頂きました。
本来なら再度血液検査をして数値を確認したいのだが、ジュディの体調が回復したと言う事は、簡単には採血させてくれなくなったと言う事なので、一応検査はせずのままで、投薬治療を終了する事になりました。
右前足に注射用で取り付けられていたチューブは巻かれていたテープと共に取外され、晴れてジュディーは自由の身となりました。

ただし、体調については無理をさせず、十分観察してあげて下さいとのコメントが付けられました。

自由の身になった事が分かったのでしょうか?
自宅へ連れて帰った後、暫くしてから自分で車から降りてきました。

倒れた原因が不明なままですので不安は残りますが、なるべく無理をさせないよう気をつけて世話をしてやろうと思います。

でもワンコの治療費、命には代えられないとは言うものの、初日の精密検査の代金¥30000強と、1回あたり¥7500の治療費を合計すると、かなりの高額になってしまいました。



2007年05月11日

ジュディー、今日も病院へ(ジュディ犬倒れる! その4)

木曜日の朝、ちょっと天候がよくありません。
車の中でまた夜を過ごしたジュディ、ハッチバックを開けてやりましたがやっぱり降りる気配はありません。
5/10朝、車中で眠るジュディ

 

 

 

仕方が無いので今日もそのままにしておいてやりました。

9時半前に動物病院へ向いました。
この日は休診日だったのですが、急にワンコの出産が入ってしまい、暫く外で待つ事に。

出産も無事終了。
院長先生に経過を報告。やはり吐き戻しはなく、おとなしくしていた旨を伝えました。

昨日よりも体力の回復したジュディーは、既に不機嫌モード。
かなり怒っています。

仕方が無いので、この日は診察室ではなく車に乗せたまま点滴をすることに。
車の中で点滴中のジュディ

 

 

 

エリザベスカラーを着けたジュディを抑えているうちに、背中にブスリ。

無事に点滴も終了、吐き戻しも無いので、餌を与えても大丈夫だろうと言う事で、自宅で薬を飲ませるためにペースト状の缶詰と粉薬を貰いました。
この日はこれで点滴は終了。

金曜日の朝に缶詰を食べた結果報告をするということで帰宅しました。

車の中を歩けるようになり、回復の兆候がはっきりしてきたジュディ、缶詰もきちんと食べましたが・・・・、やっぱり車からは降りません。

うーん、ちょっと困った感じです。



2007年05月10日

ジュディー、今日も病院へ(ジュディ犬倒れる! その3)

車の中で一晩を過ごしたジュディ、ハッチバックを開けてやりましたが降りる気配はありません。
5/9朝のジュディ

 

 



仕方が無いのでそのままにしておいてやりました。

10時になったので動物病院へ向います。
院長先生に経過を報告。吐き戻しはなく、おとなしくしていた旨を伝えました。

ただ、ジュディのほうは、昨日受けた処置の事を覚えているらしく、しんどいながらも怒っています。
エリザベスカラーをつけ、先生2人に抱えられて再び診療室へ。昨晩よりは抵抗しています。

点滴と注射を受け、肝機能強化の薬を混ぜたペースト状の缶詰を大きなシリンジ(注射器)で口輪越しに口の中へ入れてもらいました。
それなりに食べている様子。
夜も点滴と注射を打つ必要があるので、食べた缶詰を吐くか様子を見ていて欲しいとの注意を受け、そのまま工場へ。
自宅前だと直射日光が当たる上、車の往来が激しいのでまだ危険と言う判断からでした。
工場内部に車を入れ、窓を開けて風通しを良くしてやりました。

ハッチバックを開けておきましたが結局夕方まで全く車を降りる気配は無し。
結局、夜もそのまま病院へ向うことに。

再度点滴と注射、そして薬入りのペーストを食べさせてもらいました。
ただ、翌日の木曜日は休診日なので、点滴をどうするかと言う話となりました。

院長先生の配慮で、午前10時前に来てくれば点滴をしてもらえることになり、ほっと一安心。

自宅に到着したジュディでしたが、やっぱり車から降りようとしません。
車中で水を飲むジュディ

 

 

 

仕方が無いのでこの夜も車の中で眠ってもらう事になりました。

ただ・・・丸2日近く車の中にいるので、車がジュディ犬臭くなってきています。
早く元気になりますように。



2007年05月09日

ジュディー、病院へ(ジュディ犬倒れる! その2)

日の夜に倒れたジュディーですが、8日の夕方になってもやはり症状は回復せず、ぐったり寝そべったままです。
ジュディママによると結局何も食べず、口に水を入れると飲んでくれる程度だったとのこと。

かなり重症な状態です。
ともかく動物病院に連れて行くことにしました。

近くの動物病院は、狂犬病の注射を打たれて以来、先生を敵視して牙をむき出して怒るのでダメ。
数年前に一度診てもらったことのある動物病院に電話を掛け、“8時までに連れてこれるなら”ということで予約を取りました。
自力で起き上がれない大型犬です。弟に電話を掛け、車に乗せて病院に連れて行く手助けを頼みました。

この日は商工会議所での会議があったのですが、無理を言って途中で抜けさせてもらい(この時点で7時30分)自宅まで猛ダッシュ。

最悪の場合は軽トラックの荷台に載せるしかないかとも思いましたが、トヨタラウムの後部座席をフラットにし、後部ハッチバックから二人掛りで載せました。(もちろん口輪ありです)

そのまま大急ぎで病院へ。車中、ジュディーはおとなしくしていました。
約束を守れないかと思いましたが、ギリギリ8時に到着です。

弱っているとは言え、気に入らないと凶暴になるジュディーです。

口輪をして連れては来ましたが、動物病院の先生に噛み付く可能性は十分に考えられます。

大きなエリザベスカラーを借りてジュディに取り付けました。

『ガルルッガウッ』、と怒っているジュディーですが、院長先生ともう一人の男性の先生に抱かかえられて病院内に連れて行かれました。

まずは、血液検査とレントゲンです。

血液検査の結果、肝臓に関する数値がかなり悪化していました。黄疸も出ている様子。
レントゲンの結果では、ハイには問題がなかったのですが、内臓の一部に不可解な箇所があった為、エコーを撮る事になりました。

お腹の毛を刈られ、エコー検査です。全く人間と同じ検査方法です。

その結果、肝臓が少し腫れていました。その傍にある胆のうが大きく腫れて真っ白に映し出されていました。
その周りの臓器にも影響が出ている様子。
これが原因して食べ物が食べられず、肝機能障害も相まってぐったりしていたようです。

原因は不明です。ですが、ゴールデンウィーク中の車での長旅とその時の暑さが引き金となった可能性が高いようです。
12歳を超えたフィラリアの居る老犬ですので、何かの拍子に急に体調を崩す事は十分あることらしいのです。

この日は、点滴と肝機能強化のお薬を混ぜたペースト状のドッグフードをシリンジで少しだけ食べさせてもらい帰宅しました。
ドッグフードは吐き戻すかのチェックの意味合いもあるそうでした。
ただし、本来であれば入院してもおかしくない状態ですので、翌日の午前中に再度通院するようにとの指示がありました。
(体が大きいので1日2回程度は点滴をしないと効果が薄れてしまう事も理由でした)
10時前に帰宅。
帰宅後も車の中でぐったりしていましたので、無理に下ろさず、一晩車の中で眠らせることにしました。

車の中で眠るジュディ毛刈りされたお腹とテーピングされた前足

 

 

 


朝、車の中を覗いて見ますと、丸くなってじっとしていました。
少しはよくなっていますように。



2007年05月08日

ジュディ犬倒れる!

昨夜のことです。

ジュディ犬と花

 

 


 

いつものように夜の9時頃に帰宅したところ、ジュディーの様子がおかしいのです。
食べたものを戻して、腹ばいになり顎を地面につけてぐったりしています。

ジュディママが散歩させてみると言う事で、引き綱をつけてすぐ横の駐車場まで言ったところでダウン。
座り込んで起きなくなりました。

暫くして少し立ち上がったのですが、またその場に座り込み、今度は身体を地面に横たえて、そのままじーっとしてしまいました。
5月とは言え、深夜に近くなるとやはり寒くなってきます。
そこで、毛布をかけて様子を見ることに。
結局約3時間が経過、12時過ぎになってどうにか起き上がったので、犬小屋まで連れて帰りました。

小屋傍でやっぱり腹ばいになってぐったりしています。
ダンボールを敷き、そこに移るように促しましたが、嫌なのかそのまま動こうとしません。

仕方が無いので毛布をかけてそっとしておく事に。

今朝もやっぱりぐったりと寝そべっています。
餌は欲しがりませんし、水も口元に持っていくと飲む程度。
ジュディママに様子を見てもらうことにして仕事へ出かけました。
回復していますように。



2006年08月20日

ジュディーのクーラー?(ワンコが見つけた暑さ対策)

いつもの涼み方ジュディの涼み方2

 

 

 


大抵、上の写真のように、自分の小屋から離れた広い場所に寝そべって涼をとっているハスキー犬(と紀州犬のハーフ)のジュディーですが、ここ数日は午前中の一定時間、写真のように小屋の入り口に頭を向ける形で寝そべっています。
小屋の前で眠るジュディ

 

 

 

今まで見られなかった行動ですので、不思議に思ってその原因を調べてみたところ・・・分かりました。

原因はここです。
ジュディの小屋の前

 

 



ジュディーが頭をおいている部分には床下換気用の通風孔があります。
床下の通気口

 

 

 

ここにそっと手を近づけてみたところ、ビックリ!
強くはないのですが、ちょっとヒンヤリした風が吹き出しています。

この“風”に気づいたジュディーは<マイクーラー>代わりにこの場所を利用していたのです。
ジュディ犬流、動物版<生活の知恵>にビックリです。

冷たい風が吹いているのは午前中の短い時間だけなのでちょっとかわいそうですが、それでもこのヒンヤリ感に幸せを感じているジュディーには、ほほえましさを感じてしまいました。

ジュディのUP

 

 

 

 

 

 

夏ももう少しだから、がんばれジュディー!!



月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント