ペット情報です。お役立て下さい!


ペット

2015年06月17日

フィラリア予防の季節がやってきました

近畿地方は梅雨入りから早くも2週間が過ぎました。

適度な湿気と蒸し暑さで、今年も蚊が元気に飛び回り始めています。

悲しいかな、植木の水遣り毎に何箇所か刺されています。
その都度、殺虫剤をシューっとやるのですが、なにぶんにも屋外のため、効果の程は不明です。

昨年のデング熱流行のこともあるので、今年はなるべく水が溜まる場所がないように気をつけていますが、それでも蚊の発生は防ぐ事が出来ません。
自宅周辺には、昔と比べると本当に若干ですが田畑が残り、用水路には水が流れ続けているので、蚊にとっては暮らしやすい環境なのでしょう。

これから初冬に掛けて、ワンコにとってはフィラリア症の恐怖と向き合うことになる時期となります。

フィラリアやフィラリア症についてはこの時期の過去記事をご覧下さい。
http://douraku.kusari.info/archives/cat_10022338.html

蚊に刺されることをゼロにすることは不可能ですので、フィラリア症にかかるリスクは常に存在しています。
リスクをゼロに近づける唯一の方法は、フィラリア予防薬の投与だけなのです。

カット前のレディ子
我が家で暮らすA.コッカーには6月上旬からフィラリア予防薬の投与を開始しました。
これから初冬に掛けて、蚊と共に、ノミ、マダニの活動が盛んになってきます。
そのため、マダニやノミ予防のフロントラインも使用を開始しました。

フィラリア症や、マダニによる発病はワンコにとって大変苦しく辛い余生を強いるものです。
家族の一員であるワンコ、そしてご近所で暮らすたくさんのワンコ達の為にもこの期間の投薬は、忘れずしっかりと行なっていきます。

フィラリア予防薬は、獣医師さんにフィラリア検診と薬を処方してもらう必要がありますが、家族の一員であるワンちゃんのため、動物病院へ足を運んであげて下さい。

今年の夏は、人間もワンコも蚊に刺されないよう対策をしっかりとって行きましょう。



2013年06月04日

今年のフィラリア対策は始めていますか?(チビクロ&シロちゃん忌)

今年は例年よりも早く梅雨入りした近畿地方でしたが、先週の後半以降は曇り空で時折パラパラ雨が降る程度、今週に入ると、30度越えの青空となりました。

大陸からの高気圧が張り出している影響との事で、気温は高いですが割合カラッと乾いた空気の為に、日陰では比較的過ごしやすい感じです。

この好天を利用して、自宅や工場付近の田んぼには水が張られ、田植えが進んでいます。
早苗が綺麗に並んだ日本の初夏らしい景色になってきましたが・・・。

気温の上昇と、常時水がたたえられた環境が整うと姿を現してくるのが、“蚊”です。

既に5月後半からチラホラとその姿を見かけ、ワンコを含めた家族全員が、どこかしらを「チクリ」と刺されています。

既に、自宅では蚊取り線香、虫除けスプレー、液体蚊取り、痒み止め薬が活動を開始。
工場でも痒み止めがデスクサイドに常備されました。

人間の場合、アレルギー体質の方を除けば、概ね蚊に刺されても問題はありませんが、ワンコの場合にはそうは行きません。

蚊を媒介にしてフィラリア症に感染するリスクが非常に高くなってきます。

フィラリア症については、様々なサイトや、このジュディ犬ブログの過去記事にも記載がありますのでそれらをご覧頂ければと思います。

今回のタイトルに登場しているチビクロとシロちゃんは共に今日が命日。
arisihinotibikuro









いずれも10年超の長生きをしたワンコ達でしたが、虫除け対策は行っていたものの、フィラリア予防薬を投与していなかった為にフィラリア症のキャリアとなってしまいました。
フィラリア症が亡くなる主要因ではありませんでしたが、感染が分かって以降はずっとその為の薬を投与されていました。

虫除け対策だけではワンコが蚊に刺される事を防ぎ切る事は非常に難しいです。
という事は、同時にフィラリア症の危険からワンコを守る方法としては不十分な対策と言う事になります。

現時点での確実な方法は、フィラリア症に感染させる前に、フィラリア症予防薬を必ず決められた期間投与してあげる事しかありません。

このフィラリア症予防薬は獣医師さんにフィラリア症感染が無い事を確認してもらった上で、処方してもらって初めて投与が可能となります。
既にフィラリア症に感染してしまっていた場合、何も対策を施さずに、この予防薬だけを与えてしまうと、逆にワンコの命を奪ってしまう事にもなりかねませんので、感染症に罹っているかの確認は
絶対に必要です。

動物病院に足を運ばなければいけないという大きな手間はありますが、家族の一員であるワンコの命、そして自分達の周りに暮らすワンコ達の命を守る為にはどうしても必要な事ですので、まだの方は是非、行動に移してください。
6月に入ったばかりですので、まだ間に合いますよ。

そしてフィラリア症の予防薬を貰ってこられた皆さん、私もそうですが、概ね12月まで毎月1回ずつ、忘れずにワンコに投与してあげましょうね。
arisihinozyudhiinu









毎月、1(ワン)のつく日(1日 11日 21日 31日)は投与と、その月に投与したかを確認する日と決めておくと、投与忘れ防止になりますよ。

ワンコの飼い主の皆さん、頑張りましょう!



2009年06月04日

ワンコのフィラリア対策の時期になりました(6/4チビクロ・シロちゃん忌)

6月に入り、スッキリしないお天気が続くようになりました。大阪も梅雨入り間近といった雰囲気です。

それより少し早い5月後半からは、チラホラと蚊の姿を見かけるようになって来ました。
見かけた上に、既に何度かはチクッと刺されています。
2歳のチビ助は保育園の園庭で遊んでいる時に刺されるようで、足のあちこちに赤い虫刺されの痕が出来ています。

我が家でも玄関の内側で暮らすコッカースパニエルのれでぃこの為、ムシの忌避剤(ムシコナーズのジェルタイプ)を設置してやりました。
効果の程はまだ不明です。昨年もメーカーは忘れましたが、虫の忌避剤(同じくジェルタイプ)を設置しました。
しかし、残念ながら昨年の忌避剤は効果が弱く、結構な数の蚊や小さな虫が入ってきていました。

そして5月末からはフィラリアの予防薬を投与させ始めました。昨年までは少し柔らかめのブロックタイプのフィラリア予防薬で、味もきっと美味しかったのでしょう、れでぃこはいつも喜んで食べていました。
残念ながら今年処方されたタイプは、普通のお薬に近いものらしく、味もいまいちだったようでした。
仕方が無いのでドライフードと一緒に口に放り込み、無理やりゴックンさせて食べさせました。

有り難い事にレディコはフィラリアに感染していませんので、これから12月までの約半年間、毎月一度、30日の日にフィラリア予防のお薬を飲ませる事になります。

タイトルの通り、本日6/4は歯の衛生週間であると共にチビクロとシロちゃんの命日になっています。
チビクロ、シロちゃん、そしてジュディ。この3匹はいずれもフィラリアに罹っていました。

3頭とも12年から15年と割合長生きをしましたが、フィラリアの影響はあった様で、3頭とも晩年には呼吸を楽にするお薬を処方されていました。

こうなった原因の一端は飼い主のフィラリアに対する考え方の甘さにあります。

蚊の発生に伴い、ワンコ達には蚊取り線香や電子蚊取りを設置していました。ですが、結果的にはこれでは不十分すぎました。
風向きや煙を嫌がって犬自身が移動するなどにより、毎日どこかを蚊に咬まれてしまっていたのです。

結局、フィラリアに罹ってしまい、後になって動物病院でフィラリアの増加を抑えるお薬を処方してもらい飲ませ続ける結果となってしまいました。

フィラリアに罹る前に動物病院でフィラリア予防薬を処方してもらい、決められた期間、きちんと飲ませ続けるしか予防方法が無いのが現状です。
フィラリアに罹っているかは動物病院ですぐに調べてもらえますし、罹っていた場合には適切な対応をしてもらえるはずです。

フィラリアは罹るものでもありますが、他のワンコにうつすものでもあります。
家族の一員である大事なワンちゃん達ですから、ぜひ動物病院でフィラリアの検査を受け、適切な処置を受けさせてあげて下さい。



2008年10月24日

Pet博2008を見に行ってきました。(インテックス大阪での恒例イベント)

10/11-13日の3日間、大阪南港にあるインテックス大阪で<Pet博2008>が開催されました。
初日である11日の午後、見学に行ってきました。
Pet博自体は毎年開催される恒例イベントになっているのですが、今まで見に行った事はありませんでした。

今回はTOPCHAIN 柳瀬製作所とお取引頂いているお客様が会場内でお店を出されるということで、ご挨拶を兼ねての見学となりました。

会場に到着する前から見渡す限りイヌ、いぬ、犬。
ペット同伴可能と言う事で、皆様、ワンコやニャンコ、フェレットetc・・・。様々な動物が遊びに来ていました。

Pet博2008会場入り口の風景ペット博入り口のボーダーコリー?とA.コッカー

 

 

 


当然、会場内にもたくさんのイヌがいました。

会場内ではペットフードの企業ブースだけでなく、ペットグッズを扱うお店もたくさん出ていました。
中には北海道の素材を使ったワンコ用の食べ物を扱うお店がありました。
北海道の手作りおやつ屋さんワンコのおやつ 野生エゾシカの足骨

 

 

 

珍しいエゾシカの骨のおやつなんていうものも。
別のお店では立派なガラス製ケースが設えられており、中にはまるで人間のものと見間違えるようなケーキ類がズラーッと並べられていました。
犬用のケーキがたくさん入ったショーケース

 

 

 

お値段も人間のケーキ並みでしたよ。

展示されていたワンコ アイリッシュウルフハウンドホワイトシェパードの写真

 

 

 


世界のイヌやネコの展示コーナーも併設されていましたが、お客様の連れてきているイヌやネコのほうがずっと珍しく、手入れが行き届いていて綺麗でした。
お客様の同伴犬ペット博2008で見かけたアメリカンコッカースパニエル

 

 

 

こんな感じのさらさらA.コッカーを見ると、我が家のレディ子の皮膚病が早く良くなって毛を伸ばせる事を祈ってしまいます。

Pet博というだけあって、珍しい動物もたくさん展示、販売されていました。
販売されていたフクロウと猛禽類ハリネズミ達の塊






広島生まれのミニブタちゃん






フクロウやタカ等の猛禽類、ヘビやトカゲ、カエルやカメといった爬虫類や昆虫類、哺乳類ではフェレットや広島県生まれのミニブタちゃん、そしてヨツユビハリネズミなどが展示販売されていました。
可愛いヨツユビハリネズミの映像をユーチューブにUPしましたのでご覧下さい。

その横では子供達がアメリカザリガニ釣りや、カブトムシの幼虫掘りを楽しんでしました。

乗馬体験をする子供

 

 

 


反対側では乗馬クラブのクレインが馬を連れてきており、乗馬体験イベントを開催していました。

会場内でゆっくり遊べるように、屋台コーナーが設けられ、軽食が楽しめるようになっていました。(もちろん再入場用のハンコを手に押してもらえば会場外へ出て食事もできました)
屋台コーナー横にはたくさんの椅子が設置され、舞台が準備されていました。

イベント出演中のワンコ






舞台上では様々なイベントが開催されており、会場を見学している時には、よく知らないのですが、ラブラドールレトリバーのべんけい君のショーが行なわれていました。
ポチたまでおなじみの松本秀樹さん

 

 

 

帰りがけには、テレビ東京系で放映されている<ポチたま>でラブラドールレトリバーのだいすけ君と一緒に各地を旅している松本秀樹さんのトークショーが行なわれていました。
現在、テレビではだいすけ君と一緒にアメリカ大陸を旅しているのですが、今回のイベントの為、だいすけ君をアメリカに残して帰ってきているとの事でした。
短い時間ですが、松本秀樹さんのトークショーの模様をユーチューブにUPしましたのでご覧下さい。(音がこもって悪い点、ご了承下さい。)
遅まきながらこのトークショーで初めて松本秀樹さんが芸人さんだった事を知りました。

企業ブースではフードやグッズなどの無料プレゼントがあったり、販売ブースでは割安な価格での販売がなされていたり、様々なイベントが行なわれたりと、動物好きの方々にとっては楽しめる内容だと思います。
ワンコ用首輪の安売り販売

 

 

 

 

 


また来年の秋に開催されると思いますので、興味を持たれた方は是非足を運ばれてみては如何でしょうか?
ちなみに今年の入場料は大人が¥1200、子供が¥800となっていました。同伴される動物は入場無料です。



2008年10月16日

ありがとう、さよならジュディ(ジュッディ逝く)

在りし日のジュディ2

先週水曜日から体調を崩し寝込んでいたジュディですが、体育の日の10/13の朝、呼吸の具合が悪くなり、午前10時半頃に亡くなりました。

13歳と半年という高齢(ワンコの年齢を人間に換算すると99歳と半年)でしたし、フィラリアにも罹っていましたので、大往生だったと言えるのでしょう。


ただ、家族の一員としてはもっと長く生きていて欲しかったと感じています。


隣近所の方々も悲しんで下さり、『自分の家の犬のような気がしていた』とのお言葉や『一緒に入れてあげて』と花束を頂きました。

ハスキー犬と紀州犬のハーフで見た目は100%ハスキー。
野生色が強く(つまりちょっとおバカさん)、若い犬の頃から子供好き(友達と思っていた感あり)、春先には毎年のように遠吠え、慣れているのかと思うと突然『ワンッ』と吠え掛かってみたり。
仔犬の頃きっと意地悪されていたのでしょう、自分のものへの執着心が強く、手を近づけようものなら飼い主にも唸り声を上げ、牙をむくワンコでした。
見た目も怖く、どちらかと言えば“問題犬”に入るようなワンコでしたが、何故か多くの人に可愛がられるワンコでもありました。

集まれる家族が揃い、皆でジュディを見送る事にしました。
夕方4時頃に、八尾市立斎場へ到着。青空が広がり秋の風が爽やかに吹いています。
ごみ焼却場敷地内の片隅に動物用の火葬炉が設置されていた東大阪とは異なり、人間用の斎場敷地内に動物用の火葬炉も併設されています。
斎場入り口横には係のおじさん達数名が待機しており、そこでジュディを引き渡す事になりました。

皆でジュディの入った箱の周りに集合。お線香を立て餌と水を入れ、ジュディの口元を水で濡らしてやりました。
子供達にもジュディの身体を触れさせ、死んだものは怖いものじゃないと教えてあげました。
皆で触れたジュディーの身体には体毛の下にまだ薄っすらと温かさが残っている感じがしました。

最後に皆で手を合わせて『さようなら』です。段ボール箱の蓋を閉めると、係のおじさんが斎場の横へと運んでいきました。

尋ねたところ、『火葬になるのは明日の午前中、10時半頃かなあ』との返事でした。

そして14日。レディの散歩から戻った午前7時前から雨が降り出し、シトシトながら本降りになりました。
まるでジュディを送る<涙雨>のようなお天気です。
思い返せば、チビクロが亡くなった時も、動物用の火葬炉の前に置いて工場に戻る帰り道から雨が降り始め、1日雨になりました。
父親が亡くなった時も、斎場から戻る途中、数分でしたが、にわか雨に降られました。

偶然なのでしょうが、やっぱり不思議な出来事です。

思い出すことは沢山ありますが、何より13年半の長い間、家族で居てくれたことに感謝します。
ありがとう、ジュッディ。そして、さようなら、ジュッディ。

在りし日のジュディ1在りし日のジュディ3







続きを見るページでは、ジュディとのお別れした時の写真を掲載しました。


追記 今朝の様子です。
主なき犬小屋が撤去された玄関先の様子

 

 

 

主を失った犬小屋は撤去され小屋の周りにあった植木鉢が並べられました。

ジュディの人生と同じ数だけの予防注射済みシール











そして扉にはジュディーが生きた年数と同じ数の予防接種のシールが残りました。

続きを読む

2008年10月10日

頑張れ!ジュディ!!(ジュディ 倒れる)

キンモクセイの香りが漂い、過ごしやすい季節になったのですが、今週火曜日の夜からジュディ犬の具合が悪くなってきました。

今まで2度倒れましたが、それらの時と同様に、後足に力が入らなくなりフラフラするようになりました。

水曜日の夜遅く帰宅してみると、自宅横の道路の隅に毛布を掛けられうずくまっていました。
どうやら散歩の途中に歩けなくなってうずくまってしまったようです。

帰宅後数分もしないうちに、オートバイに乗った男女二人の警官がやって来ました。
『道路に犬が寝ている』との通報があったとのでやって来たとの事。事情を説明しましたが、職務質問的なものを受け、『危険なので犬を動かせて欲しい』との指示を残して去っていきました。

スーツでの帰宅でしたので服を着替え、安全の為にオレンジ色の上着を着、ジュディーの両サイドには車に積んでおく三角板(反射板)を置いて、ジュディーの横に座りました。

午前1時を過ぎた頃、ジュディーがゆっくりと起き上がり、立ち上がりました。
(きっと気を使ってくれたのでしょう)
ゆっくりと小屋まで誘導し鎖に繋いでやりました。すぐに自力で水を飲みだしました。

早朝、小屋を覗くと中で丸くなっています。散歩に行く雰囲気がないので先にレディーを連れて行くことに。
玄関先まで出るとジュディーが立ち上がって出てきていました。
レディーを散歩に連れて行って戻ってみると、ジュディーは寝そべっていました。散歩へ行く雰囲気はなさそうなのでそのままそっとして置きました。
夜もやっぱり散歩へ出る体力はなさそうでしたのでそっとしておきました。

そして今朝、やっぱり散歩へ行くだけの力は無いようで、どうにか小屋の前から少し這い出す程度。
体調不良で寝そべるジュディ体調不良で寝込むジュディUP

 

 

 

結局そのままじっとしていました。水を飲ませてやりましたが、元気なく少し飲む程度でした。

今までも歩けるようになるまでには1週間程度かかりましたが、今までとは違い、過ごしやすい季節に倒れただけにちょっと心配です。
がんばれ、ジュディ!!



2008年02月19日

ジュディ犬、久しぶりの帰宅とお散歩

2/9から柳瀬製作所の工場で過ごしていたジュディですが、「昨日の午後、自分から自発的に車に乗り込み帰宅していった」と聞きました。

夜、帰宅しているはずのジュディに声を掛けてみましたが、首にぶら下げた鈴の音をさせるだけで、出て来ませんでした。
「寒いし仕方ないよなあ」と諦めモードで家に入りました。

ジュディの顔 UP

 

 

 


そして今朝、散歩に連れて行くため外へ出て見たところ、その気配を感じてノソノソと小屋から出てきました。
吠えるジュディ

 

 

 

 

 


写真を撮ろうとカメラを向けたところ、早く散歩しろとばかり『ウォーン』と吠えて訴えます。

工場周辺とは異なり交通量が多いので、車に気をつけながらゆっくりと散歩しました。
散歩途中のジュディ

 

 

 

いつものコースだったのですが、久しぶりの為でしょうか、あちらこちらで鼻をクンクン、フンフンさせています。
マーキングもしっかりです。

後ろ足は若干ふらつく感があるようですが、どうにか無事に散歩を終えて帰る事が出来ました。
今朝の散歩の様子を動画撮影してみましたのでよければどうぞ。

その後レディ子を散歩に連れて行ったのですが、帰ってきてみるとこんな感じで小屋から顔を出して居りました。
小屋から顔だけを出すジュディ

 

 








ちょっと呼んでみましたが、知らんふり。呼びかけには反応してくれませんでした。

まあ、元々こんな感じでしたから・・・元気になってきたと言う事でしょう。 
愛想無しワンコめ!



2008年02月18日

週明けのジュディ状況(2/18朝、柳瀬製作所近くの散歩)

週明けのジュディ。

体調もかなり良くなり、1日に何度かのお散歩に出掛けられるようになりました。
今朝も工場に出社してくるのを待ちわびていたらしく、扉を開けるなり『ウォーン』と鳴いてお散歩を要求しました。

シャッターを開けお散歩へ出発です。
散歩をするジュディその1

 

 

 

 

 


駆け足までは無理ですがテクテク歩きから速足位までは出来るようになりました。
散歩をするジュディその2

 

 

 

時々つまずくのが気になりますが、まずは一安心です。

地面に残る雪葉っぱの上に乗った雪

 

 

 


道端の所々には昨夜降った雪が霜のようになって残っています。(結晶のようにも見えます) 葉っぱも寒そう。

桃色の梅の花

 

 

 


散歩途中にある梅の老木は今年も綺麗に花を咲かせています。
傍にある白梅の方はまだチラホラですが。

工場に帰ると・・・ご覧のとおり。
寝そべるジュディ 上からの図寝そべるジュディ 前から

 

 

 

ベチョーッと寝そべっておりました。もちろん傍らには石油ストーブが。

冬らしい寒い日が続きますが、ジュディのためにはもう少し暖かくなってほしいものです。

追記、午後を過ぎた頃、ジュディママの車に乗り、自宅へ帰っていった模様。暖房の無い寒い環境なのに・・・ちょっと心配です。



2008年02月08日

ジュディの経過報告 2 (ジュディ犬再び咬みつく)

2/6の朝のこと、レディ子を散歩させようと外に出た所、車の中でずっと寝そべってばかりいたジュディがお座りをして外を眺めていました。
『ちょっと元気になったのかな?』
外へ出たそうにしているので車の扉を開けてやりました。
“よっこらしょ”と、車から降りたのは良いのですが・・・『あれっ?』・・・大変! 腰が持ち上がりません!!
何度もチャレンジするのですが、立ち上がれないのです。
何よりジュディ自身がビックリしてオロオロ、『クウォウォウォ〜』悲鳴にも似た鳴き声を出しています。
そのまま車の横に寝そべったままになりました。

それから約2時間。起き上がったり寝転んだりを繰り返しておりましたが、どうにか落ち着いたらしくお座りをして扉の開け放たれた車の中を見ていました。
頭をなでてやった後、ちょっと道路の左側に目をやったその瞬間、『ウファン!』という吠え声と共にジュディが引き綱を持った私の左手に思いっきり咬みつきました。

咬み傷からは徐々に血が滲んできました。
急遽、手に持っていた引き綱を後部座席のヘッドレストに縛りつけ、傷口を流水でよく洗いました。
そしてすぐに抗生物質を飲んでから近鉄八尾駅傍の今川病院へ向うことに。

一方ジュディは、工場等で溶接の際に使用する厚手の手袋で口を押さえつけられた後、マズルホルダーをされて車に戻され、そのまま動物病院へ運ばれ点滴を受けることになりました。

私のほうは病院で傷口の消毒を受け、傷口を寄せる為に1針だけ縫いました。また、一応、破傷風の注射を打ってもらうことになりました。
先生曰く、飼い犬でも沢山の黴菌を持っているので注意が必要だと言う事でした。
左手にはしっかりと白い包帯が巻かれる事になりました。

しかし、翌朝には左手が腫れあがり、すぐに抜糸。噛まれた傷口がかなり深かったようで、化膿してきているとのこと。
飼い犬だからといって侮れない事が、身を持って実証されてしまいました。
結局、今日から日曜日までの3日間、抗生剤入りの点滴処置を受けることになってしまいました。
みなさん、飼い犬であってもくれぐれも噛まれないように気をつけ、血が滲むほど咬まれた場合には、必ず病院で治療を受けて下さいね。

ジュディのほうは、またもや車の中でグッタリしています。

レディ子の散歩やユーキボンの世話もあるのに左手が使えないなんて・・・、うーん、非常に困るぞジュディ。



2008年02月04日

ジュディ犬の経過報告

2/2の土曜日に西村動物病院へ行ったジュディーですが、この日以降ずうーっと車から降りようとしません。
後部座席の足元にうずくまったままです。
食べ物は一切口にせず、水を飲んでいるだけの状態。
ジュディママが3時間おき位の頻度で車の暖房をつけ、定期的に車内を温めてくれています。

車内でうずくまるジュディ犬車内でうずくまるジュディーその2

 

 

 


2/3朝の様子。丸くなってじっとしていました。呼びかけには反応してこちらを向くものの・・・それだけです。
さすがに餌を食べない日が長いので体力低下が非常に心配なのですが。

今朝、ジュディママが再度診察してもらう為に西村動物病院へ連れて行ったのですが、マズルホルダーの装着を嫌がるジュディーに本気でガブリと手を咬まれてしまい、怪我をしてしまったとの連絡がありました。
(怪我の程度は不明ですが、咬まれた部分の傷が深そうな為、動物病院の先生の指示で人間用の病院へ直行したそうです)
結局ジュディーは診察を受けさせないまま帰宅したようです。一番かわいがってくれる人間に対し思い切り咬みつくのですから、よほど体調が悪いのだと思います。
それにもかかわらず診察や点滴を受けつけようとしないのでは、ますます体力が低下するのに・・・、心配だし困ったものです。



月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。