初氷 初雪が舞いました(東部大阪 2014年)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2014年12月17日

初氷 初雪が舞いました(東部大阪 2014年)

非常に強い低気圧の影響で、中心のある北海道から遠く離れた西日本でも各地で雪や強風の報告が聞かれます。

大阪でも雨のあと、冷たい風が吹き始め、気温もあまり上がらないままに日暮れを迎えました。
日暮れ後の北西の風はすこぶる強く、重ね着をものともせず、皮膚にまで達してきました。

19時頃からは、走行中の自動車のハンドルに影響してくるほどの強風が時折襲ってくるようになりました。

そして今朝、工場へ向かう途上、道端に残っていた水溜りが所々の場所で凍っていました。

氷が張った水溜り1
大阪府東部の平地では2014年の“初氷”となりました。

完全に凍りついた水溜り
広い川周辺や田んぼのある場所では、風の通りが良い分、風により地熱が奪われるのでしょう、確実に氷が張っていました。
カモやサギが泳ぐ冬の恩智川

凍結防止用の薬剤(塩化カルシウム)
恩智川に掛かる橋の袂には、今朝から凍結防止用の薬剤(粒状の塩化カルシウム)の袋が置かれていました。

さらにお昼前には冷たい風の中に白いものがチラチラ混ざりだしました。
“初雪”です。

暫くすると雪自体は見られなくなり、目の前に広がる生駒山を含めて積もるようなことはありませんでした。
明日以降、寒さ・風も増してくるとの事。

ワンコの体調と共に、散歩や通勤・帰宅時にも注意せねばと思います。

この寒さは全国規模ですので、皆様もお気をつけ下さい。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。