ミュシャ展に行ってきました(JR京都駅ビル ギャラリーえき)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2013年03月28日

ミュシャ展に行ってきました(JR京都駅ビル ギャラリーえき)

3月の一ヶ月間、JR京都駅ビルのジェイアール京都伊勢丹では7Fの美術館「えき」KYOTOで<知られざるミュシャ展 −故国モラヴィアと栄光のパリ−>というタイトルのアフフォンス・マリア・ミュシャの作品展が開催されています。

夫婦揃ってミュシャの作品が好きなので“チェコ、秘蔵の個人コレクション(チマル・コレクション)一挙公開!”という言葉を受け、3/16に京都へ出掛けてきました。

京都駅ビルを見上げたところ








知られざるミュシャ展 −故国モラヴィアと栄光のパリ−案内板













土曜日の日中という事で、会場内は場所によって若干の混雑具合でした。

堺市のミュシャミュージアム同様、作品に近い位置から鑑賞出来るのは有り難かったです。

何度もミュシャ展に行っていますので、ポスターや雑誌の表紙絵などが殆どのミュシャ作品については目新しいものは少なかったですが、久しぶりに見た作品も多く、良い時間を過ごす事が出来ました。

今回のミュシャ展の図録を買おうとしたのですが、残念ながら販売されていなかった(売り切れ?)ので、ミュシャ展のメインポスターとして扱われていたスラヴィア銀行のポスターとパリ万博の公式晩餐会招待状の2種類のミニポスターを購入しました。

スラヴィア銀行のポスター













パリ万博公式晩餐会招待状













JR京都駅ビルでは今月一杯までの開催です。

その後は国内数箇所を巡回する予定とのこと。

ミュシャ作品やアールヌーボーがお好きであれば、お花見がてら、立ち寄られる事をお勧めします。
(ICOCA、Suica、TOICA、SUGOCAといったJRグループのカードで支払う前売り価格扱いとなるそうですよ。)



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント