久しぶりの交通科学博物館でしたについてのお話です。ぜひご覧下さい


2012年02月25日

久しぶりの交通科学博物館でした

2/10の午前中、今年初めての交通科学博物館に行ってきました。

息子のお目当ては大きなジオラマ。

0系ひかり号との記念写真子供用の500系新幹線
到着時点では次回の運行デモンストレーションまでだいぶ時間があったので家族で館内をうろうろ見学です。

催し物エリアでは、交通科学博物館開館50周年を記念した“コウハク家の歴史”という展示が行われていました。
特別展コウハク家の歴史のセット昭和30年代の茶の間を再現したセット
昭和30年代の家を再現し、屋内では30年代当時から昭和時代後半頃までの鉄道・交通に関する展示物が並べられていました。
コウハク家の歴史展で展示されていたミゼット
交通科学博物館だけあって、鉄道関連以外にもミゼットやバイクなどの乗り物の実物展示も行われていました。
セット内で展示されていた国産車
残念ながら息子はあまり興味が無いらしく、スーッと見て回っただけでした。
きっと今公開されている三丁目の夕日の映画を意識した企画なのでしょう。でも展示品の目新しさにはちょっと欠けるというのが正直な感想でした。

電車の運転シミュレーターにてシミュレーターで運転中
そのあとはジオラマでの鉄道模型の運行デモンストレーションを愉しみ、お昼ご飯を食べてから屋内外の展示車輌を見て回ったり、博物館内にある端末でクイズやぬりえを愉しんだり、実物大シミュレーターで大型鉄道模型の運転を体験したりと、充実した時間を過ごしていました。
往年のクラシックカーと路面電車交通科学博物館のSL前で
昭和の子供の雰囲気を出したくて、大きなおにぎりを片手に開館50周年の記念ヘッドマークをつけたSL C-62と一緒に記念撮影もパシャリ。

交通科学博物館のSL前でおにぎり
帰りには入り口近くにある鉄道グッズ販売コーナーで、息子が保育園で被る帽子につけるワッペンを購入しました。
(両親にとっては今回、交通科学博物館した最大の訪問理由はこのワッペン購入でした)
新幹線、L特急、SLなどがある中で息子が選んだのはJR東日本の通勤電車と、ちょっとマニアックなものでした。まあ、本人が喜んでいるので、良しとしましょう。

午後からは徐々にお客様が増えてきているようでしたので14時過ぎに帰路に着きました。

また暖かくなった頃に来ようと思います。その際には久しぶりにSLに連結された食堂車でのお昼かなあ。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント