500系新幹線のぞみ号を見に行ってきました。(新大阪駅の風景)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2010年02月21日

500系新幹線のぞみ号を見に行ってきました。(新大阪駅の風景)

今月末(2/28)で500系新幹線が東海道新幹線での営業運転を終了すると言うことなので、2/21の朝、電車好きのユーキボンと共に500系のぞみ号を見に、新大阪駅まで出掛けました。

9時10分頃に新大阪駅に到着。イコカカードでの乗車だった為、新幹線の改札へはそのまま入場出来ず、手前の券売機でイコカカードのデータを消去し、入場券代金¥120と合算で現金で支払い直しての入場となりました。
ちょっと不便でした。

現在500系のぞみ号は東京・博多間を1往復のみしています。
博多発東京行きの500系のぞみ号は、のぞみ6号として午前9時35分に新大阪駅到着、9時37分に新大阪を出発して東京に向います。
東京到着後は、12時半頃に下りののぞみ号として東京を出発し、博多駅へと帰って行きます。

この日は26番線に入線してくると言う事なのでプラットホームに上がったのですが、ちょっと早かったのでその前の新幹線が入線して来ました。
どの新幹線が来たのかなあ?

思わず線路を覗き込むユーキボン。700系新幹線だったのですがそれはそれで嬉しい様子。
100系新幹線みどりのこだま号700系新幹線と女性車掌さん

新大阪駅のN700系新幹線

他のホームに目をやると、みどりのこだま号となった100系新幹線、そして300系、700系ひかりレールスター、N700系と新幹線のオンパレード。
思わず『0系は?』と言い出すユーキボン。『いえいえ、0系は引退していなくなってしまったでしょ』と説明してあげました。

いよいよ500系のぞみ号の入線です。
この日は10組程度の人達がプラットホームの端の方でカメラやビデをカメラを構えて500系のぞみ号の到着を待っていました。

私達は1号車の乗り場付近の柵から入選を待ちました。私はパパの仕事としてビデオカメラを回し始めたのですが、ユーキボンが柵の無いほうへ歩き出したのであたふた。
少し後ろに移動しただけだったのでほっとしたのですが、肝心のビデオカメラは画面が縦横に結構ブレての撮影となってしまいました。

新大阪駅へ入線してくる500系のぞみ号

記録として残すにはちょっと残念な状況です。辛うじて取れた写真がこれ。やっぱりブレ気味ですね。

ホームに停車すると、やっぱり500系です。独特のフォルムも相まって乗降客の皆さんもパシャリと写真を撮っていかれています。
ユーキボンと500系との記念写真を撮ろうとしたのですが・・・
エーン 500系のぞみがなくなるよー

東海道線からの引退が悲しいのか『エーン』と泣きのポーズ。停車時間が2分なのですぐの出発となってしまいました。

東京行き500系のぞみ号の表示
車体の電光掲示板に<のぞみ 東京行き>と表示されるのも今月末まで。東京行きでは500系に乗れないままだったので残念です。

フレーフレー500系のぞみ!頑張れ500系のぞみ!

出発して行く500系のぞみ号に向って、『フレーフレー!』『頑張れー!』とエールを送るユーキボン。
(に、見えますが、実際にはのぞみ号に向って、ウルトラマンの戦闘ポーズを見せていたようです。)

東京方面へ向っていく500系のぞみ号の後姿にも多くのお客さんがカメラや携帯を向けていました。

営業運転終了後は山陽新幹線でこだま号として働く事になるであろう今日の500系新幹線。
車体の電光掲示板には<博多行き>の表示はされても<のぞみ>と表示される事はもう無いのでしょう。
8両編成となる改造を受け、独特な形状だったパンタグラフも別のものに取り替えられてしまう事になるようです。

世界に誇る貴重な鉄道資料として1編成くらいはいつでものぞみ号として走れる状態で動態保存して欲しいと思います。

後数日となってしまいましたが、チャンスがあれば是非のぞみ号として走る500系新幹線の姿に目をやっていただければと思います。



chibikuro2005 at 23:40│Comments(0)TrackBack(0)乗り物/自動車/RV 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント