プラレール博から約1ヶ月が過ぎ・・・(トミカワールドな自宅)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2008年02月01日

プラレール博から約1ヶ月が過ぎ・・・(トミカワールドな自宅)

1/2にプラレール博2008へ連れて行って以降、ユーキボンの電車(乗り物)好きは加速する一方。
「デデンガチャン、デデンガチャン」、「ブーンブーン」と電車や自動車の音をまねしています。
また、電車やトミカの絵本を常に傍において眺めては喜んでいます。
あまりの熱心さに負け、2週間後の1/14には東大阪市内の上新電機(高井田店?)へ。
このお店では家電以外におもちゃやCD、DVDなども扱っており、プラレールもおいてあるとの弟情報を頼りに向かったのですが。

情報はなかなか正確でした。店内にはプラレールのコーナーがあり、多くの種類の列車が並べられておりました。
ユーキボンは大興奮。あの電車、この電車と目移りしきりでなかなか決まりません。

最初に買ったプラレールのセット ドクターイエロー

 

 

 


結局、<ドクターイエロー>と呼ばれている700系型の黄色い新幹線が入ったセットと、近鉄アーバンライナーを購入しました。

線路を組み立て、列車を走らせるともう大興奮。体を左右に揺すって喜んでいました。

部屋に敷いたプラレールの線路

 

 

 


この後、ビッダーズのネットオークションを利用して線路と列車を少し増やして出来上がったのがこのような線路です。

その後、ユーキボンによる線路の破壊を経て、さらにパワーアップした線路が完成しました。
実際に走らせた様子です。
(恥ずかしながら、なかなかいけるなあと思ってしまいました。)

ネットオークションでは線路と一緒にトミカも送ってもらえました。
トミカタワー

 

 

 

 

 


立派なタワーもセットです。

少し古く、且つ、それなりに使用されていたものですので、タワーには滑らかさが欠けていました。
そこで、工場で使用している潤滑用のシリコンスプレーを軽く塗ってあげたところ・・・夢のような滑らかさになりました。
タワーをビュンビュン下っていくようになった自動車にこれまたユーキボンは大興奮。

いまや自宅はプチトミカワールドと化しました。

そして、列車のDVDが2本加わり、毎日親子でDVDを見ることに・・・。
列車のDVDを見るユーキボン

 

 

 

まさかこんな日が来るとは想像すらしていなかったのですが・・・・でも、おかげで電車にちょっとだけ詳しくなってきました。

ゴールデンウィークにはプラレール博の時と同じ大阪南港のATCホールで<トミカ博>が開催されるらしいのですが、その後のことを考えると、今からちょっと怖くなってきます。
お手柔らかにね、ユーキボン。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント