国産ヌーボー(ワイン)が届きました(長野 小布施ワイナリー)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2007年11月19日

国産ヌーボー(ワイン)が届きました(長野 小布施ワイナリー)

ボジョレーヌーボーが解禁された翌日の11/16、工場にもヌーボーが届きました。
と言っても、フランス産のボジョレーヌーボーではありません。
葛飾北斎の絵と栗鹿の子で有名な長野県は小布施、そこにある<小布施ワイナリー>からの国産ワインのヌーボーです。
ワイナリーで育てた葡萄や協力して下さる葡萄農家さんから入手した国産葡萄のみを使用して作る“国産”ワインです。
醸造を担当しているのは私の大学時代の後輩の曽我彰彦君。
単身フランスのワイナリーで修行をし、そこで学んだノウハウを元に、日本の風土にマッチしたワイン作りに研究を重ね、毎年工夫を凝らしたワインを生み出しているワイナリーです。

今年も9月に小布施ワイナリーからお知らせが届き、早速に申し込んでおきました。
そして届いたワイン達がこれです。
小布施ワイナリーから届いたダンボールケース

 

 

 

今年はざっと3ケース分になりました。
段ボール箱を開けたところ

 

 

 

定番品、そして今年の新作(新たな醸造方法を試したワイン達)をそれぞれ2−3本ずつの注文ですので、すぐに無くなってしまう量ではあるのですが・・・。

ちょうど11/17に新居へ引越しをする旧友(腐れ縁の悪友とも言いますが)が居りましたので、早速お祝いに出来立ての紅白の“濁りワイン”をプレゼントしました。
小布施ワイナリーのにごりワイン赤と白2007

 

 

 

 

 


このワイン、滓が大量に入っていますので、最後には注意しながらそーっとグラスに移して楽しんでいるのですが(結局滓が入って濁ったワインになるのですが)、濁り以外、嫌な味になることはなく、葡萄本来のフルーティーな香りをそのまま残した大変飲みやすいワインです。
小布施ワイナリーのにごり新酒2007のUP

 

 

 

きっと引越しの一段落が着いた11/18(日)の夜にでも飲んでくれた事でしょう。

我が家は今度の連休にでもヌーボーワインを楽しもうと思います。

家族が協力して運営している小規模なワイナリーですので生産本数はそれほど多くありません。
「飲んでみたいなあ」と思われた方は、なるべく早いうちに小布施ワイナリーにお問い合わせされることをお薦め致します。

また、年明け以降は美味しい日本酒を造っていますので、そちらの方も是非お試し下さいね。



chibikuro2005 at 15:37│Comments(1)TrackBack(0)食べ物/スイーツ | 買い物

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うみんこ   2007年11月27日 20:30
いいなー。
のみたいなー

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント