<お大師参りの日>の骨董市を見てきました(大阪 四天王寺さんにて)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2006年05月22日

<お大師参りの日>の骨董市を見てきました(大阪 四天王寺さんにて)

聖徳太子建立のお寺として知られる大阪の四天王寺では、毎月21日には<お大師参り>という弘法大師空海にまつわるお参りの行事が行なわれているそうです。

この日、境内にはたくさんの屋台が立ち、割合大きな“青空骨董市”も開催されているとの話を聞いていたので、ちょうど21日だった昨日の朝、四天王寺さんへ行ってみることにしました。

お寺に向かう人

 

 

 

 

 

 

朝から良いお天気で、9時前だというのに四天王寺に向かう参道には既に多くの方の姿と物売りのお店がありました。

西の鳥居

 

 

 


人の流れに付いて西側から大きな石の鳥居をくぐって境内に。
古い消防署

 

 

 

 

 


右側には古いデザインの消防署、左側には付属中学・高校がありました。

植木市

 

 

 


正面にある<西大門>では周りを取り囲む形で植木市が立ち、さながらお花畑のようです。

まずはここで左へ曲がり大きな<六時堂>とその前にある<亀の池>を目指しました。
六時堂と亀の池かめの甲羅干し

 

 

 

池はその名の通り“亀だらけ”です。
ですが、よく見ると両耳の辺りがオレンジ色の“アカミミガメ(ミドリガメ)”の姿が目立ちました。以前見た時は“クサガメ”や“イシガメ”が多かった気がするのですが。
ミドリガメ多し鷺と亀たち






池で休んでいた鷺らしき鳥もこの亀の数にはちょっとタジタジ気味、足の置き場に困っておりました。

池を過ぎて、さらに東の方向へ進みます。
このあたりから露店の雰囲気が変わり始めました。

それまで食べ物主体だったのが、衣料品や雑貨のお店へ、そして骨董を並べるお店へと様相が変わります。
骨董市1骨董市2

 

 

 

骨董市3お店の雰囲気も様々。きちんと商品を並べているお店もあれば、ダンボール箱ごと置いているお店もあり、扱う商品も本当に様々でした。フリーマーケットぽいお店もあれば、ガラクタ市のようなお店も・・・。

 

今回の市は、デパートやホールで開催される骨董市のような<お宝と分かっているものを売る>ものでは無く、<あるかもしれないお宝を探す>タイプの市でした。
でも、きっとこれが骨董市の本来の姿なのでしょう。
さっと見てみましたが、残念ながらこの日は自分にとってお宝と思えるものは見つけられませんでした。
しいて言えば、このワンコくらいでしょうか?
ワンコ1ワンコ2

 

 

 

冗談です。もちろんこの子は商品ではありません。ご主人様に連れてこられ、こんな場所で待たされていました。ちょっとスネた感じでしたよ。

他にも境内ではたくさんのワンコ達に出会いました。
もしかすると、ブログをリンクさせてもらっている《ころすけ君》もお散歩に来ていたかもしれませんね。

弁天島

 

 

 


そうそう、運良くこの日は月に一度、<亀遊嶋辯天堂>のご本尊が見られる日でした。
失礼に当たると思い、斜め遠くから写真を1枚だけ撮らせて頂きました。
弁天様

 

 

 

 

 


実際の辯天様の像はもっと赤が美しかったと思います。

宝物殿、太子殿を横に見ながら南門まで移動。再び食べ物の露店が増えて行きます。

南大門側から中門越しに見た五重塔です。
南大門側からの塔






手前の灯篭の穴からのぞくとこんな感じに見えます。
灯篭の穴から見た塔

 

 

 

 




そして<西大門>に戻ってきました。
それでも時間にして約40分程掛かりました。
じっくり見たなら時間なんてあっという間に経ってしまうことでしょう。
いろんなお店が出ていますし、五重塔や宝物殿、庭園など本来見学するべき場所もたくさんあります。

五重塔

 

 

 

 

 

 

普段の四天王寺さんはひっそりとした、ちょっと寂しいくらいの感じですので、もし観光がてらで参拝に来られるのでしたら是非“お祭り”状態の21日に来られる事をお奨め致します。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 特命係の亀山!   2014年11月10日 16:01
最近は外来種の亀も多いようですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント