このキットカットは“郷愁の味”でした。(ネスレ キットカット フルーツパフェ仕立て)についてのお話です。ぜひご覧下さい


2006年05月19日

このキットカットは“郷愁の味”でした。(ネスレ キットカット フルーツパフェ仕立て)

今日のお話はタイトル通りです。

《ネスレ キットカット フルーツパフェ仕立て》

たまたま<¥100>という理由で衝動買いをしてしまったのですが・・・珍しくハマッてしまいました。

キットカット1箱

 

 

 


外箱はこんな感じ。青地に美味しそうなフルーツパフェの絵がデザインされています。
キットカット中袋

 

 

 

中のパッケージもやっぱり青色です。

パッケージを開けた瞬間、一番最初にしてくるのが“バナナ”の香り。
続いて甘い香りがしてきます。

キットカットUP

 

 

 


外箱に書かれている通り、赤や青紫の粒々がうっすらと見えていますね。

キットカット折り口

 

 

 


キットカットを折った断面も外箱の通りです。何層か重ねられているようです。

お味の方はと言いますと、正直、<フルーツパフェ>の味ではありません。

だって、本物の<フルーツパフェ>は容器の中でフルーツがそれぞれ独立して存在しているのですから。

1本のキットカット上で部分毎に味を変え、齧る場所毎にそれぞれのフルーツの味がするのであれば、間違いなく<フルーツパフェ味>ですね。
でも、作る側からすると、これはとても大変な作業になってしまいます。
様々な味を1本ずつ作り、それを1セットにして販売すれば、買ったお客様が自分なりのアレンジで順番に齧り、オリジナル<フルーツパフェ>味を作れますよね。(作らない・・・かな?)

だからでしょうか?
よく見るとネスレさんも今回は<フルーツパフェ仕立て>とされています。

「なーんだ」と思われるかもしれませんが、“この味”が私にはハマッてしまったのです。

バナナの強い香りがして、ジャムのような甘さとプチプチ感、そしてミルクの香り・・・

子供の頃、うちで作った“バナナがメイン”の<ミックスジュース>の味を思い出させてくれたのです。
ジューサーミキサーを前に、兄弟揃って出来上がるのをワクワクしながら待っていたあの頃の記憶がおぼろげに思い起こされました。

そして結局・・・《箱買い!(大人買い)》しちゃいました。
箱買い(キットカット)

 

 

 

夫婦揃って、ちょっとした折に楽しく食べています。

外箱には“期間限定”の文字が書かれていました。

そう言えば、キットカット<フルーツパフェ仕立て>最近見かけなくなったような気が・・・。
見つけた方、特に30歳代以降の方は是非一度試してみて下さい。
きっと懐かしいと思いますよ。



chibikuro2005 at 19:07│Comments(5)TrackBack(0)食べ物/スイーツ | 買い物

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うみんこ   2006年05月19日 23:06
大人買い、、したことない、、
まだ大人ちゃうんかなぁ
2. Posted by U   2006年05月20日 10:18
キットカットは色々種類を出してくれるので楽しいですよね♪
今度見つけたら、私でも懐かしさを感じれるかどうかを試してみたいと思います★
3. Posted by とねっこ   2006年05月22日 09:07
うみんこ さま
“大人買い”といっても、10個入りの¥100のチョコを1つ箱で買っただけですから・・・。¥100ショップに行けば¥1000位すぐに使ってしまうでしょうし、きっと十分“大人”だと思いますよ。
U さま
昨夜、近所のセブンイレブンで売っているのを発見しました。
懐かしさを感じる為には、まずは自宅でバナナ主体のミックスジュースを作って飲んで見られておくことをお奨めします。
4. Posted by さきえママ   2006年06月08日 00:57
5 近くのスーパーで見かけたので、思わず買ってしまいました。表現通りの味でした。不思議な味がしました。子供たちもパクパク食べていましたが、感想は何もありませんでした。パクパク食べてのが、おいしいという感想かもしれませんね。
5. Posted by とねっこ   2006年06月08日 09:52
さきえママ様
最近、スーパーやコンビニで見る機会が増えてきました。
この味、予想に反して流行っているのでしょうか?
やっぱり大人の味?なのでしょか?
映画『3丁目の夕日』のDVDがもうすぐ出ます。
昭和30年代前半の景色を見ながらこのキットカットを食べると、ジーンと来るお父さんは多いかな?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント