小ネタで恐縮です。“ペンギンパレード”続報についてのお話です。ぜひご覧下さい


2006年01月13日

小ネタで恐縮です。“ペンギンパレード”続報

今日は、以前ご紹介しました大阪港の『海遊館』が行なっている“ペンギンパレード”の続報です。
前回は柵の中で待機しているペンギンたちを紹介しましたが、今回は彼らの歩く姿を写真に撮って来ましたのでご覧下さい。
柵の位置は海遊館入場口下と海遊館本館前の2箇所で、入場口下側に待機しているペンギンたちが海遊館スタッフさんの誘導の下、誘導用のカーペットの上をヨチヨチ歩いていきます。
距離は約100m程度かと思われます。
ペンギンパレード1ペンギンパレード2

 

 

 

はじめはきちんと一列で歩いていたのですが、途中は割合横に広がった感じで行進し、最後にはもう一度一列に揃って柵の中へ入ってゆきました。
ペンギンパレード3ペンギンパレード4

 

 

 

体格が大きいからかもしれませんが、この“王様ペンギン”達の行進は思った以上に早く、傍まで来たかと思うともう通り過ぎていました。
ペンギンパレード5ペンギンパレード6

 

 

 

大喜びで、皆真剣なまなざしで見ていた小さな子供達にはちょっと物足りなかったかもしれませんね。
ペンギンパレードの詳しいスケジュールにつきましては前回書きました2005年12/12の記事をご覧下さい。

この後、お隣のサントリーミュージアムの最上階にあるスカイラウンジに寄りました。
窓から見える夕方の大阪湾の景色はこんな感じです。夜はもっと綺麗に見えるのかもしれませんね。
スカイラウンジからの景色

 

 

 

ギャラリーやアイマックスシアターだけでなく夜景を見ながらの食事にサントリーミュージアムを利用されてみるのもいい方法かも知れませんね。

追記:ミュージアムショップでは2005年10/5の記事で紹介しました建築家、安藤忠雄さんの直筆サイン入り本があと数冊残っておりました。
興味のある方は是非どうぞ。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by U   2006年01月14日 00:01
写真のばっちりな撮れ具合に脱帽です(笑)時々、ペンギンが子どもに興味をしめしたりしているのはかわいかったですね。
でも、小さい子ども目線でみると怪獣映画みたいで楽しそうです。そう考えると子どもがうらやましいですね♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
月別アーカイブ
スポンサードリンク
ブログ仲間さんの出版物
最新コメント